マゼラン出帆から500年 世界一周はしていなかった

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

1519年9月、マゼランは5隻の船団を率いてスペインから出航した。3年後、ビクトリア号(1590年の地図に描かれている)ただ1隻が、世界を一周してスペインに帰ってきた(GRANGER)

今から500年前の1519年9月20日、フェルディナンド・マゼランが地球を一周する歴史的な旅に乗り出した。単純な探検の物語と思うかもしれない。だが、探検家マゼランとその航海には矛盾が多い。例えば、マゼランはポルトガル人なのに、スペインを代表して航海に出た。非常に優れた船長だったが、乗組員からは嫌われていた。彼の遠征隊は初めて船で世界を一周したものの、マゼラン自身は一周を成し遂げていない。そして、そもそも彼の名前はマゼランではなかった。

1519年に始まったフェルディナンド・マゼランの遠征を境に、世界がすっかり変わったのは間違いない。その旅は「史上最も偉大にして、最も重要な航海でした」と語るのは、歴史家で『Over the Edge of the World: Magellan’s Terrifying Circumnavigation of the Globe(世界の果ての先へ:マゼランの恐ろしい世界一周、未邦訳)』の著書があるローレンス・バーグリーン氏だ。「誇張ではありません」

好戦的で容赦なく、恐れ知らずのマゼランによって、商業航海は、世界規模で繰り広げられるおぞましい対決の場へと様変わりした。当時、そんなことを想像できた欧州人はほとんどいなかった。一行が旅立ったころ、地球一周の航海など不可能ではないかと思われ、そんなことを試みる無謀な者には、海の怪物から命取りの霧まで、あらゆる危険が立ちはだかるだろうと恐れられた。「自殺行為だと思われたのです」とバーグリーン氏は語る。

マゼランは通称、ポルトガルへ捨てスペインへ

ポルトガルの航海者マゼラン。先駆者のコロンブス同様、ヨーロッパから西へ航海することで、アジアとモルッカ諸島(香料諸島)に到達すると提案した(DE AGOSTINI PICTURE LIBRARY/M. SEEMULLER/BRIDGEMAN IMAGES)

マゼランことフェルナン・デ・マガリャンイスは1480年ごろ、ポルトガルの貴族として生まれた。王妃レオノールと、国王マヌエル1世の小姓として、リスボンで宮廷生活を経験する。しかし、青年は冒険心を抱き、数度にわたるポルトガルの航海に参加した。有利な香辛料貿易のルートを新たに発見し、確保することが目的の事業だった。

当時、ヨーロッパの貴族は香辛料を欲しがっていた。それを入手できる新しい領土を誰が見つけ、権利を主張できるかをめぐり、ポルトガルとスペインは激しい競争関係にあった。1505年、マゼランはこの戦いに加わり、インド、マレーシア、インドネシアと旅をした。だが、ポルトガルのために働く日々は長く続かなかった。マゼランは違法取引で訴えられ、新しい香辛料貿易のルートを見つけるという提案もマヌエル1世に却下されて、国王と不和になった。

マゼランは、東ではなく西へ船を進め、南米にあると噂される海峡を通り抜ければ、インドネシアとインドへの新航路を開拓できると信じていた。そこでポルトガルへの忠誠を捨ててスペインに赴き、市民権を取得。5隻の船で西を目指す旅に対し、国王カルロス1世の祝福も得た。

部下の反乱、壊血病、難題続出

船長となったマゼランは、この旅で大きな富と地位を得られることになっていた。カルロス1世は、どんな航路であれ、発見すれば10年にわたる独占と利益の一部に加え、貴族の称号も与える約束だった。しかし、スペイン人の乗組員が多数を占めるなかで、王からの使命を受けたポルトガル人であるマゼランは、厄介な立場にあった。歴史家リンカーン・ペイン氏は、「カスティリャ人たちはポルトガル人の指揮下で航海するのが気に入らず、ポルトガル人たちはマゼランを裏切り者と見なした」と書いている。

冬の天候に阻まれ、現在のアルゼンチンで船団が数カ月待たざるを得なくなると、乗組員たちは反乱を起こした。1隻が難破し、別の1隻は遠征隊を完全に見捨ててスペインに帰った。船長のマゼランは部下を統制し直すのに苦心したが、いったん指揮権を取り戻すと、迅速かつ厳しく対処した。マゼランは、反逆者の数人を斬首して遺体を切り刻むよう命令。それ以外の者たちは陸地に置き去りにしたり、重労働を強いたりした。

反乱を鎮め、マゼランは難所の海峡を何とか航行することができた。後に彼にちなんで命名される、マゼラン海峡だ。しかし、難題は終わらなかった。太平洋をゆっくりと進むうち、食料が傷み、壊血病と飢えが一行を襲った。艦隊は、現在のグアムと思われるところに一時上陸したが、小舟を盗まれた報復に現地住民を殺し、家々を焼いた。

ナショジオメルマガ