出世ナビ

ビジネス英語・今日の一場面

personal=個人的で勘違い 「悪気はない」表すことも デイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(18)personal

2019/10/10

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「個人の」という意味を持つ英単語personalについてです。

◇  ◇  ◇

外国企業の日本法人で働くユウカは、ある報告書を書き上げて同僚のスティーブに見てもらいました。どう思ったか感想をたずねたところ、あまり芳しくない回答が返ってきたのですが、ユウカは快く書き直しに応じるつもりです。ただ、何を取り違えたのか、おかしな方向で書き直そうとしているようなのですが……。

それはこんな会話でした。

Yuka: What do you think of the report I wrote?
Steve: Um...this might be a little off topic.
Yuka: Oh, really?
Steve: I think some parts need to be rewritten. It's nothing personal.
Yuka: Okay, I'll write about myself.
Steve: What?
Yuka: You just said I should do so.
Steve: That's not what I meant...

日本語に置き換えると次のようになります。

ユウカ:私が書いた報告書、どう思う?
スティーブ:あのう、これはちょっと主題からずれているかも。
ユウカ:あら、本当?
スティーブ:何カ所か書き直しが必要かな。悪く思わないでほしいんだけど。
ユウカ:わかった、私のことを書くわね。
スティーブ:えっ?
ユウカ:そうしたほうがいいって、今言ったじゃない。
スティーブ:そういう意味じゃないんだけど……。

この会話では、スティーブの言ったIt's nothing personal.という表現に、日本人のユウカがなじみがなかったことから行き違いが生まれています。このフレーズを聞いて、彼女は心の中で次のように思ったのでした。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL