消費税ポイント還元使いこなす 複数決済で上限アップ家計を磨く 対策・消費増税(8)

NTTドコモのスマートフォン決済アプリ「d払い」は10月14日までの期間限定で20%相当を還元
NTTドコモのスマートフォン決済アプリ「d払い」は10月14日までの期間限定で20%相当を還元

消費増税にあわせてキャッシュレス決済によるポイント還元制度が始まった。すでに対象店で還元を受け、税負担を軽減できた人も多いだろう。それでも還元制度についてはまだ理解されていない点が多い。お得に使いこなす方法をまとめた。

「本当に2%安くなっている」。自宅近くのコンビニエンスストアで736円(税込み)分の買い物をして電子マネーで支払った40代会社員は満足げだ。受け取ったレシートには「キャッシュレス還元額 14円」と記載されていた。代金が2%分(14円分)値引きされており、「還元を受けられたことを確認できた」。

2020年6月末まで続く還元制度は、登録済みの店舗で電子マネーやクレジットカードなどで支払うと、政府の補助金から還元がある。還元率は中小店舗だと5%(図A)。決済手段によるが、多くの場合は後日、ポイント付与などの形で還元される。

フランチャイズチェーン加盟店の場合、還元率は2%だ。大手コンビニ各社は本来なら還元対象外である直営店を含めて一律2%を還元している。その場で代金を2%割り引くのが基本だ。大企業は補助金の対象外なので大手運営のスーパーや家電量販店などはあてはまらない。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし