複雑でわかりにくい消費税率 あなたが悩む必要はない消費税10%ライフ(1)

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF

これまで2度延期されましたが、2019年10月1日、消費税率が10%に引き上げられました。引き上げ前後の騒ぎやトラブルについては、すでに報じられています。

今月のマネーハックは「消費税10%ライフ」をテーマに、消費税10%時代の乗り越え方を取り上げたいと思います。まず考えてみたいのは「軽減税率」です。

食べ物や飲み物は8%に据え置かれる

ついに消費税が8%から10%になりました。9月30日の閉店を早めて値札の張り替え作業を行った店が、ニュースで報道されていました。10月1日になると、レジのシステム不具合で消費税率が正しく計算されなかったニュースがありました。

1週間を経てようやくみなさんの生活は落ち着いてきたと思いますが、多くの人が「これはややこしい」と思っているのが軽減税率だと思います。

飲食料品などの消費税率が8%のままに据え置かれています。ただ、8%と10%の線引きでいうと、次の例などはなかなか納得できないところではないでしょうか。

○食品提供について、イートインは10%で、テイクアウトは8%
○飲み物について、酒類は10%で、ソフトドリンクは8%
○新聞について、電子版は10%で、定期購読の紙は8%

確かに食料品は税率引き上げが家計に与える影響が大きいのですが、制度が複雑になってしまっています。

ややこしいテイクアウトありのお店の対応

居酒屋やレストランのように腰を据えて食事するのが前提となっている飲食店が、軽減税率の対象外というのは仕方がないと思うかもしれません。しかし、以下のお店におけるイートインとテイクアウトの区別について、どう思われるでしょうか。

○ハンバーガーなどのファストフード店
○テイクアウトできるコーヒーチェーン店
○テイクアウトできる牛丼などのチェーン店
○イートインスペースがあるコンビニエンスストア
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし