powered by 大人のレストランガイド

伝えずとも、自分好みの焼き肉味わえる 東京・西麻布

2019/10/14
肉はすべて目の前で焼いてくれるため、最適の焼き具合で食べられる

この日の肉はレバ、タン、タレタン、イチボ(お尻の先の部分)、ヒレ、ハラミ、焼しゃぶ、ハツなどと10種類強。並行して、サラダ、茶漬け、キムチ盛り、ナムル、野菜、ナスナムル、冷麺などを提供していくが、「小食だけどいろんな肉を楽しみたいからすべて少しずつお願い」などの要望にももちろん応えてくれる。また、肉は目の前ですべて焼いてくれるため、客自ら手を動かさなくていい点もうれしい。

サイドメニューとして提供する中でもユニークなのが、序盤に登場する「茶漬け」だろう。「茶漬け」と聞くとシメとして楽しむ炭水化物を想像しがちだが、「誇味山」の茶漬けは一味違う。

茶漬けは一握りのご飯に塩コンブとノリ、肉をかぶせた状態で提供される

ほんの一握りのご飯に、塩コンブとノリ、肉をかぶせた状態で登場するひと品は、多くの人はよもや茶漬けだとは想像できないに違いない。

器の底でひかえめにたたずむ肉に注ぐのは、牛すじでとっただしを使ったスープ。上部まで注ぎ終わるころには、器の中で肉は美しく花開き、立ちのぼる湯気が食欲を大いに刺激する。

口にすると上品な甘みがいっぱいに広がり、一般的な茶漬けのように、サラサラとかき込んでしまうのはもったいなく感じられる。焼き肉の合間に、スープの中で広がった異なる食感の肉を楽しめるのもまた一興だ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト