スマホ料金改定 解約金下がっても旧契約は時期に注意格安SIM最前線

定期契約が終わる前にキャリアを変更した場合などに発生する解約金が10月から下がっている
定期契約が終わる前にキャリアを変更した場合などに発生する解約金が10月から下がっている

NTTドコモとKDDI(au)は10月1日、新しい料金プランの提供を開始した。注目は、定期契約が終わる前にキャリアを変更した場合などに発生する解約金。これまでは9500円(税別、以下同)だったが、この金額が引き下げられたのだ(ソフトバンクはすでに解約金がない)。改めて、これまでと何がどう変わったのかを整理してみよう。

解約金が9500円から1000円へ

今回の新プランは、同日から施行された改正電気通信事業法にともなう一連のサービス改定を締めくくる動きだ。

10月から提供が始まったドコモとauの料金プランを、9月末まで提供されてきた従来のプランと比較すると、2年単位の定期契約「あり」の場合における通信容量や月額料金については、大きな変化はない。

変わったのは、定期契約をめぐる2つのポイントだ。

1つ目は、ニュースなどでも報じられている中途解約時の解約金。

これまで定期契約がある料金プランを契約した場合、2年ごとに設けられている更新月に解約や他社への乗り換えをすれば解約金はかからないが、更新月以外では9500円の解約金が請求されてきた。定期契約が「2年縛り」と呼ばれてきたのは、これが理由だ。

今回のプラン改定では、この解約金が従来のほぼ10分の1となる1000円まで引き下げられた。中途解約時の1万円近い追加出費は乗り換えをためらわせるのに十分な金額だったが、これが1000円で済むとなれば、今まで以上にキャリアを乗り換えやすくなるはずだ。

「定期契約なし」も値下げ

2つ目は、定期契約「なし」を選んだ場合の月額料金だ。

大手キャリアでは定期契約がない料金プランも提供しているのだが、従来の料金プランでは定期契約の有無によって月額料金に無視できない差があった。NTTドコモとauの場合は、定期契約なしのほうが毎月1500円も高かった。この差額が、新しい料金プランでは170円まで引き下げられたのだ。