たとえばドコモの大容量プラン「ギガホ」の場合、月額料金は2年間の定期契約ありだと6980円だ。定期契約なしの月額料金は、9月までは8480円だったが、10月1日からは7150円まで安くなった。

ただし、差額は月170円とはいえ、2年間使うと合計で4080円になるので、長期間契約し続けるなら定期契約ありのほうが得なことに変わりがない。特に今回、解約金が1000円になったので、半年以上使い続けるなら、定期契約ありを選んだほうが出費は抑えられる。

そんな事情を考慮したのか、9月13日から提供を開始した料金プランにおいて、定期契約そのものを廃止したのがソフトバンクだ。定期契約の有無で月額料金に差が生じることもないし、いつ解約しても解約金は掛からない。

また、大手キャリアのサブブランドであるワイモバイルやUQモバイルも、10月1日に提供を始めた新料金プランでは定期契約とそれにともなう解約金を廃止した。サブブランドはショップ店頭でサポートが受けられたり通信品質が良好だったりすることから、格安SIMのなかでも人気が高い(記事「新iPhone登場でスマホ見直し 携帯会社に3つの選択」参照)。解約金がなくなったことで、今まで以上に選びやすくなったと言えるだろう。

ドコモはプラン変更時に注意が必要

従来のプランよりも柔軟性が高くなったといえる新プラン。ほとんどの人にとってこちらのほうがメリットが大きいのは間違いない。自動的には新プランに変更されないので、これからも同じキャリアを使い続けようという人も、新プランへの変更手続きを行ったほうがいいだろう。

ただし、料金プランを変更できるタイミングや、新たな定期契約の条件が適用される時期が、キャリアによって異なるので注意が必要だ。

MONO TRENDY連載記事一覧