ブドウ畑見学や試飲 収穫の秋に巡るワイナリー10選

ブドウがたわわに実り、ワインの仕込みが始まる季節。畑や醸造施設を見学したり、ワインを試飲したり。おいしくて楽しめるワイナリーを、専門家が選んだ。

■1位 シャトー・メルシャン勝沼ワイナリー(山梨県甲州市)630ポイント
甲州ワイン躍進の原動力
プレミアムコースのツアーでは6種類のワインをテイスティングできる

明治10年(1877年)に設立された日本初の民間ワイン会社、「大日本山梨葡萄(ぶどう)酒会社」の流れをくむ。シャトー・メルシャンの基幹ワイナリー。「甲州ワイン躍進の原動力ともなった」(斉藤研一さん)。日本最古の木造のワイン醸造所は無料の資料館として開放され、映像や資料で日本ワインの歴史を多面的に学べる。

見学はスタンダード、プレミアムの2コースがある。地下の樽(たる)庫や畑などをソムリエやワイン醸造技術管理士らが案内し、試飲もできる。ワイン初心者から詳しい人まで楽しめ「日本のワインツーリズムのお手本」(山本昭彦さん)。ツアーはネットや電話で事前に予約が必要だ。

併設のカフェで試飲ができ、限定ワインを含む20種類以上のワインが1杯100円から楽しめる。

(1)主なツアー スタンダードコース 1000円(2)アクセス JR塩山駅からタクシーで約10分(3)https://www.chateaumercian.com/winery/katsunuma/index.html

■2位 ココ・ファーム・ワイナリー(栃木県足利市)550ポイント
圧巻のブドウ畑とレストラン

急斜面に広がるブドウ畑を見ながら、カフェでワインと食事が楽しめる。手作業で開墾した畑はスキーのジャンプ台とほぼ同じ傾斜。歩いて登ることもでき、ワイナリーを見下ろす「頂上からの眺めは絶景」(遠藤利三郎さん)だ。

斜度40度前後の斜面にぶどう畑が広がる

ワイナリーは知的障害者の自立のためにつくられた。知的障害を持つこころみ学園の人たちが、ブドウの収穫やワインの瓶詰め作業を手伝う。1日3回の見学ツアーでは、ブドウ畑やワイン造りの現場をスタッフが案内。昭和59年(1984年)から始まったワイン造りの歴史を学べる。チーズのおつまみと一緒に5種類のワインが味わえる試飲もある(500円)。

11月16、17日には収穫祭があり、できたてのワインが味わえる。参加は1人4000円。

(1)500円(予約不要)(2)JR足利駅からタクシーで18分(3)https://cocowine.com/

■3位 ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリー(長野県東御市)490ポイント
季節ごとに花の競演

エッセイストの玉村豊男さんが「田園のリゾート」を目指して開園した。標高850メートルの丘の上にあり、千曲川や北アルプスを望む。ワイナリーの隣には花やハーブ、野菜を植えたガーデンがあり「春から晩秋にかけて花の競演が楽しめる」(石井もと子さん)。

併設のカフェでは地元農家や園内で採れた食材を使った料理が味わえる。「ワインとの相性も抜群」(村田恵子さん)。カフェからはワイナリーの設備や作業の様子が見学できる。土日祝日は1日2回、無料の見学ツアーがある。11月10日にはワイナリー祭りを開催。参加は無料だ。

(1)無料(土日祝のみ)(2)しなの鉄道田中駅または大屋駅からタクシーで10分(3)https://www.villadest.com/

■4位 カーブドッチ・ワイナリー(新潟市)450ポイント
宿泊施設や日帰り温泉も

日本海から1キロほど、角田山の裾野に広がるブドウ畑に囲まれたワイナリー。ツアーでは畑や醸造室などを巡りテイスティングもできる。飲食店も多く「ワインと食を楽しめる」(鹿取みゆきさん)。温泉や宿泊施設を備え「テーマパーク的な楽しみ方も」(佐々木勇志さん)。

周辺にはカーブドッチを含め5つの個性的なワイナリーがあり、「新潟ワインコースト」と呼ばれている。いずれも歩いて回れる距離にある。10月6日には「新潟ワインコースト ワインフェスタ」を開催。5つのワイナリーを巡って飲み比べができる。テイスティングは当日券3000円。

(1)1650円~(2日前までに予約)(2)JR内野駅からタクシーで15分(3)http://www.docci.com/

■5位 中伊豆ワイナリー シャトーT.S(静岡県伊豆市)330ポイント
広大な畑、馬で散策

給食事業などを手がけるシダックスの創業者が、米カリフォルニア州のワイン産地、ナパバレーをイメージして開設した。醸造所やワイン蔵は自由に見学できる。10ヘクタールの広大なブドウ畑は馬に乗って散策でき、「まるでカリフォルニアにいるような感覚になる」(友田晶子さん)。ショップでは試飲もできる。

ワイナリーを核とした複合施設で、ホテルや温泉、テニスコート、プールもある。ビュッフェやステーキハウスなど飲食施設も多く「観光として楽しめる」(稲佐知子さん)。ワインを蒸留して造るグラッパの蒸留所もある。

(1)無料(予約不要)(2)伊豆箱根鉄道修善寺駅から無料シャトルバスで30分(3)https://www.shidax.co.jp/winery/