米国発の卵料理専門店、新宿に初上陸

日経クロストレンド

日本はオリジナルメニューとしてスクランブルエッグと半熟の目玉焼き、ビーフパティをはさんだボリューム感のあるバーガー「ルート20」(税別1180円)を提供する
日本はオリジナルメニューとしてスクランブルエッグと半熟の目玉焼き、ビーフパティをはさんだボリューム感のあるバーガー「ルート20」(税別1180円)を提供する
日経クロストレンド

タマゴ料理専門店「eggslut(エッグスラット)」が2019年9月13日、新宿駅南口の新宿サザンテラスに開業した。米・ロサンゼルスで11年に創業。現在は全米に5店舗、クウェートに1店舗、英・ロンドンに1店舗を展開する人気店で、日本は世界8店舗目となる。

米国では珍しい「半熟卵」がウケた

同店が米国で人気を集めたのは「スラット」と呼ばれるメニューがきっかけだった。ゆでてからペースト状にしたジャガイモをガラスのビンに詰めて、その上に半熟タマゴをのせたものをバゲットですくいながら食べるシンプルな料理だが、これまで生や半熟でタマゴを食べる習慣がなかった米国人に、新鮮な驚きを与えた。他にもスクランブルエッグやビーフパティを使ったバーガーなど幅広いメニューをラインアップしており、観光客を含む幅広い層から支持を集めている。

「スラット」(税別850円)。ゆでてからペースト状にしたジャガイモをガラスのビンに詰めて、その上に半熟タマゴをのせたものをバゲットに付けて食べるメニュー

エッグスラットの日本進出を手掛けたのはアパレル企業・ベイクルーズグループのフレーバーワークス(東京・渋谷)だ。同社は自社ブランド開発の傍ら、台湾のデザートドリンク・チーズティーを扱う「machi machi(マチマチ)」や米国ニューヨークに本店を持つロブスターロール専門店「LUKE'S(ルークス)」など、日本ではまだ知られていない現地の人気店を発掘し、新しい食のトレンドをつくってきた(関連記事「狙うはポスト・タピオカ 台湾の『チーズティー』」)。海外の飲食店誘致に積極的な同社に目を付けたのが、日本進出を目指して協業先を探していたエッグスラットだった。

フレーバーワークス側も「タマゴ料理専門店」に興味を抱いた。「日本人はもともとタマゴ料理が好き。日本人になじみがあってどこか懐かしい味のするタマゴ料理は、広く支持されるはずだ」(フレーバーワークス広報)。

タマゴ料理専門店「eggslut」新宿サザンテラス店

ここ数年、日本では「グルメバーガー」がブーム。本格的なビーフパティやバンズを売りにし、1個1000円以上する商品も珍しくない、いわゆる高級バーガーだ。エッグスラット新宿サザンテラス店ではオリジナルメニューとして、スクランブルエッグと半熟の目玉焼き、ビーフパティをはさんだボリューム感のあるバーガーを用意し、「ポスト・グルメバーガーを狙う」(フレーバーワークス広報)という。

エッグスラット新宿サザンテラス店は午前7時半から営業する。駅前かつオフィスビルが林立するエリアということもあって、出勤前に朝食目当てで立ち寄る客も多そうだ。

(ライター 樋口可奈子)

[日経クロストレンド 2019年9月26日の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY連載記事一覧