上海インテリア見本市、中国の勢いと歴史を実感納富廉邦のステーショナリー進化形

上海市で開催された国際見本市「インテリアライフスタイル チャイナ」
上海市で開催された国際見本市「インテリアライフスタイル チャイナ」

上海市で開催されたインテリアとライフスタイル雑貨の国際見本市「インテリアライフスタイル チャイナ」。そこを訪れたライターの納富廉邦氏は中国ならではの展示やユニークな視点に驚いたという。納富氏が気になったブースやグッズを紹介する。

◇  ◇  ◇

2019年9月11日~13日、中国の上海展覧センターで行われた、「インテリアライフスタイル チャイナ」は、いわゆる産業見本市とは少し趣が違う、デザインと生活を結びつける「スタイル」を展示する試みとなっている。それは、東京で行われている「インテリアライフスタイル東京」も同様で、展示会そのものが出展社の数や製品のバリエーションを競うものではない。主催社が、世界でも最大級の規模を誇りながら、その出展スタイルに高い美意識を持つドイツ・フランクフルトの商材見本市「アンビエンテ」を開催していることもあり、あくまでも、その展示会は、人の生活にテーマを置いたものになっているのだ。

会場が、繁華街にある上海展覧センターだというのも、そのコンセプトの一環だろう。一般的な工業製品見本市よりも、文化的側面の強い展示会を多く開催する会場が選ばれているのだ。小振りの会場は、旧中ソ友好記念会館をリフォームしたもの。ヨーロッパの古い建築様式を模した格調高い建造物で、展示会場としては窓が多く、屋根が高く、落ち着いたムードで、ゆったりと展示を眺めることができた。また、会場内にカフェやイートイン、休憩所も多く設置され、ビジネス向けの展示会とは思えない居心地の良さもあった。

会場の上海展覧中心は、ザ・ポートマン・リッツカールトンホテル上海の向かい。南京西路沿いにある。旧ソ連の資本と技術がふんだんに使われた古いヨーロッパスタイルの建造物で、建物自体がとても面白い

展示は、アンビエンテに倣って、大きく「ダイニング」「リビング」「ギビング」の3つの展示エリアに分かれ、さらに「ギフティーク」と名付けられた、今年のメインテーマの展示スペースがある。

「ギフティーク」はギフト用途を中心とした、これからの中国の生活を彩るアイテムを紹介する展示で、日本のメーカーも数多く参加していた。展示のデザインを行ったのは日本のデザインユニットSOL Style。出展社の多くは台湾の代理店が監修していた。

ブースデザインから、よくあるコマ単位のディスプレーではなく、それぞれのブランドが、それぞれの意匠に合わせたレイアウトを展開していて、まるでセレクトショップの集合体のような展示になっていたのが印象的だった。メーカーやブランドの名前よりも、展示品を押し出した形の展示スタイルは、今後の展示会のヒントになるように思えた。企業ピーアールではなく、製品の魅力で見せるスタイルと物販の組み合わせは、これからの展示会が生き残るスタイルの一つだろう。

今回は「インテリアライフスタイル チャイナ」で気になったブースや製品を紹介したい。

日本メーカーも出展

日本メーカーで大きなブースを構えていたのが中川政七商店(奈良市)。中国でも、オシャレ雑貨ブランドとして人気らしく、ちょっと気合を入れたプレゼントなどに使う中国人が多いという。日本の民芸品のミニチュアや豆皿などが、そのまま展開されていて、それが上海の人たちに受けているというのは興味深い。