WOMAN SMART

オトナのスキルアップ入門

謙遜はご法度 組織を生き抜く女性の暗黙のルール10

日経ウーマン

2019/10/7

組織で生き抜くためには「暗黙のルール」がある(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマン

人生100年時代。会社で長く働き続ける人も多いはず。会社という組織で必要なことは何か。実はそこにはルールが存在する。そこで人材育成のプロが教えてくれた、組織で賢く生き抜くための「暗黙のルール10」を紹介する。

◇  ◇  ◇

働き方改革や人工知能(AI)の台頭など、仕事の在り方が急速に変化するなか、働く女性が組織で賢く生き抜くには、「踏まえるべき見えないルールが存在する」と、アルファ・アソシエイツ代表取締役の藤原美喜子さん。「真面目でコツコツ頑張るタイプは指示待ち型になりがち。しかし、これからの企業で求められるのは、イノベーションを生み出せる人。自分の意見を持って仕事に臨む習慣をつけておくことが重要です」。

また、多くの女性に共通するのが、「自信のなさから来る自己評価の低さ」だと指摘。「謙遜しすぎると正当に評価されず、活躍のチャンスを逃します。面談などでは自分をしっかりアピール。やりたいことができると仕事が楽しくなり、つらいことがあっても乗り切れる。管理職への挑戦も視野に入れ、長く幸せに働ける未来図を描いて」。

【ルール1】社内人脈は広いほうがトク!

部署を超えた交流を意識し、社内人脈を広げよう。「違う視点から意見をもらうことで、仕事のヒントも得られます。他部署を巻き込んだプロジェクトなども有利に進められ、管理職になったときに大きな武器になりますよ」。

<明日からできること>社内の人とエレベーターやトイレで会ったら、雑談を

自分から積極的にコミュニケーションを取ろう。その日の天気など、他愛もない雑談でOK。笑顔も忘れずに。

(写真はイメージ=PIXTA)

【ルール2】第一声で「ノー」と言わない

仕事を振られたとき、管理職を打診されたときなど、「できません」「無理です」と即答するのは×。「やる気がないと捉えられてしまいがち。受けられない事情があれば、きちんと説明をすることが大事です」。

<明日からできること>仕事を依頼されたら、まずは「ありがとうございます」

最初に「ありがとうございます」の一言があるだけで、ポジティブな印象に。受けられない理由はその後で。

<NG Word>「私の仕事ではありません」「できません」

【ルール3】評価面談では謙遜はご法度

「謙遜ばかりしていると、正当な評価が得られません。評価面談の場では大人の対応をし、きちんと成果をアピール。『会社のためにこんな貢献ができます』『こんなことをやってみたい』という熱意も併せて伝えましょう」

<明日からできること>「やりたいこと」をすぐ答えられるよう準備

やりたいことを聞かれたとき、「○○です」と答えられるよう、普段からしっかり考えておくことが大事。

(写真はイメージ=PIXTA)

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経DUAL
医療保険 「マストではない」理由をFPが解説
日経doors
嫌よ嫌よはマジで嫌 NOも言えない、こんな世の中じ
日経ARIA
40代からの歯科矯正はあり? 失敗しない歯科医選び
日経DUAL
手軽なツールSNS 疲れずに仕事人脈をつくるコツ
ALL CHANNEL