1週間の減塩で血圧は下がり始める

正解は、(1)減塩です。

高血圧の人は国内に4300万人もいるといわれ、50代以上の男性では5割近くが該当します。健康診断で「血圧が高い!」と指摘されている人は少なくないでしょう。

塩分過多の日本人にとって、血圧を下げるためには塩分制限が欠かせない (c)jirkaejc-123RF

では、高血圧の対策として、具体的に何から始めるべきなのでしょうか。「ミスター血圧」の異名を持つ前東京女子医科大学東医療センター内科教授・愛知医科大学客員教授の渡辺尚彦さんは、「まず実践してほしいのは減塩です」と言い切ります。渡辺さんはこれまで30万人以上の患者に減塩指導を行ってきた経歴を持つ医師で、自らも20年以上の減塩生活を送り、その効果を経験してきました。

一般に、血圧を下げるために「生活習慣」の改善が大事なことはよく知られています。日経Goodayでもこれまで紹介してきたように、「減塩」「運動」「減量」(それに「節酒」)などが代表的な対策となります。実際、渡辺さんも「減塩」「運動」「減量」(それに「節酒」)を患者に指導しているそうですが、その中でも一番に減塩を勧める理由は、効果が高く、効果が出るのも早いからです。

「運動をすれば血圧は下がりますから、運動もぜひ実行してほしいのですが、運動をしても、翌日すぐに効果が見えるわけではありません。効果が表れるまで少々時間がかかるのは、減量も同様です。減塩の場合は、1週間もあれば血圧は下がってきます。効果が早く見えるから、『もっとやってみよう!』とやる気も出やすい」と渡辺さんは話します。

日本人が1日に摂取する塩分量は、男性は8g未満、女性は7g未満が理想とされ、高血圧の場合はさらに少ない6g未満が推奨されています。しかし、現状は、男性10.8g、女性9.2gと、目標に遠く及びません[注1]

「ほとんどの日本人は、塩分のとりすぎと考えられます。しかし、悲観することはありません。塩分摂取が多いぶん、血圧が下がる余地があるということでもあります」(渡辺さん)

渡辺さんは、減塩に取り組むなら、「朝食がお勧め」だと話します。なぜなら、朝は、血圧を上げるホルモン「アルドステロン」が多く分泌されるからだそうです。「アルドステロンは塩分が腎臓で再吸収されるのを促す働きがあり、朝食で多量の塩分を摂取すれば、体内の塩分が昼も夜も保持されてしまいます。朝食で塩分を抑えると、降圧効果を高めることができます。例えば、朝食は塩分の低いグラノーラなどにするのもお勧めです」(渡辺さん)

[注1]厚生労働省 「日本人の食事摂取基準」(2015年版)、厚生労働省 「国民健康・栄養調査結果の概要」(2016年)

(日経Gooday編集部)

[日経Gooday2019年09月30日付記事を再構成]

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。