行動経済学から依存症分析 日経読書面今週の5冊2019年9月28日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

◇   ◇   ◇

僕らはそれに抵抗できない アダム・オルター著

>>日経電子版で書評を読む 「行動経済学から依存症分析」

原題=IRRESISTIBLE (上原裕美子訳、ダイヤモンド社・1800円) ▼著者は米ニューヨーク大スターン・スクール・オブ・ビジネスの准教授。著書に『心理学が教える人生のヒント』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


奇妙な死刑囚 アンソニー・レイ・ヒントン著

>>日経電子版で書評を読む 「誤判との闘い 30年の回想録」

原題=THE SUN DOES SHINE (栗木さつき訳、海と月社・1800円) ▼著者は米国で死刑宣告を受けたが、2015年に釈放。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


きのこのなぐさめ ロン・リット・ウーン著

>>日経電子版で書評を読む 「悲しみから救う癒やしの力」

(枇谷玲子、中村冬美訳、みすず書房・3400円) ▼著者は58年生まれ。文化人類学者、作家。中華系マレーシア人。ノルウェーの公認きのこ鑑定士。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


文革受難死者850人の記録 王友琴、小林一美ほか編著

>>日経電子版で書評を読む 「悲劇の原因 庶民の声で探る」

(集広舎・5950円) おう・ゆうきん、こばやし・かずみ 王氏は在米の歴史研究者。小林氏は神奈川大名誉教授。両氏を含む日中の5人で共同編集、執筆。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


日本社会のしくみ 小熊英二著

>>日経電子版で書評を読む 「雇用慣行の歴史を読み解く」

(講談社現代新書・1300円) おぐま・えいじ 62年東京生まれ。慶応大教授、学術博士。著書に『〈民主〉と〈愛国〉』『1968』『生きて帰ってきた男』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ビジネス書などの書評を紹介