ディスプレーに大きな差がある

iPhone 11とiPhone 11 Proのチップは同じA13 Bionicで、現時点のスマホの中で最高クラスの性能だ。ストレージの容量はそれぞれ3種類選択でき、価格が異なっているポイントだ。ただし、iPhone 11 Proシリーズが64ギガ(ギガは10億)バイト(GB)、256GB、512GBなのに対し、iPhone 11は64GB、128GB、256GBとなる。末永く使うなら、256GB以上がおすすめだ。特に、iPhone 11の特徴の一つである美しい4K動画を撮影すると、容量を大量に消費する。

性能は同一だが、ディスプレーは大きく違う。iPhone 11は6.1インチの液晶で1792×828ピクセルと解像度がフルHDにも達しない。

iPhone 11 Proシリーズは有機ELで、iPhone 11 Proが5.8インチで2436×1125ピクセル、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチで2688×1242ピクセルだ。映像の緻密さは相当に違い、iPhone 11 Proシリーズは精細で美しい。さらに、明るさにも差があり、iPhone 11は前モデルと同じ625カンデラ/平方メートル、iPhone 11 Proシリーズは800カンデラ/平方メートル(HDR時1200カンデラ/平方メートル)となる。

iPhone 11のディスプレーは、今では採用が減りつつある液晶で、かつAndroidスマホの中級モデルと比べても、解像度で劣っているのが残念だ。とはいえ、実物はかなり美しい色合いなので、自分で見て納得できたなら購入してもいいだろう。

左のiPhone 11は液晶を採用しディスプレーのフチもやや太い。また、アイコンの文字を見るとややぼんやりしていることがわかるだろう
斜めから見ると、左のiPhone 11は暗いことがよくわかる。明るい屋外での撮影などで差が付く

iPhone 11 Proシリーズのディスプレーは、現時点で最高クラスの明るさと美しさを誇っている。

カメラが大幅に強化された

iPhone XSのダブルカメラがiPhone 11 Proシリーズでは3つのトリプルになり、iPhone XRのシングルカメラがiPhone 11ではダブルになった。つまり、1つずつ増えたわけだ。

カメラは左のiPhone 11がダブル、右のiPhone 11 Proシリーズがトリプルになる

その上で、構成が変わっていることも見逃せない。iPhone XSは標準[注]+2倍の望遠という構成だったが、iPhone 11は標準+超広角となり、iPhone 11 Proシリーズは、標準+2倍望遠+超広角となった。つまり、iPhone 11シリーズはすべて標準+超広角で撮影ができ、さらに、iPhone 11 Proシリーズは2倍の望遠が付く。

[注]アップルは標準ではなく「広角」と称している。35ミリ判換算で26ミリ相当の画角。他機種も同様。

標準カメラで撮影した。撮影機種はiPhone 11 Pro Max
2倍の光学ズームで撮影。こちらは、iPhone 11 Proシリーズでしか利用できない。撮影機種はiPhone 11 Pro Max
超広角で撮影。撮影機種はiPhone 11 Pro Max

実は、Androidスマホでも超広角がトレンドになっている。スナップ写真を撮影したり、雄大な風景を収めたりしたいときには、超広角が便利なのだ。iPhone 11 Proは、タイムラプスやビデオなどほとんどの機能で3つのカメラが使える。iPhone 11も背景をぼかした写真を撮るポートレート機能以外は2つのカメラが利用可能だ。ポートレートのみ超広角が使えない。

背景をぼかす機能も秀逸で美しく撮れる。撮影機種はiPhone 11
左側の木の葉が一部ぼけてしまっているが、十分合格だろう。撮影機種はiPhone 11
次のページ
バッテリー駆動時間の長さも見逃せない