女性

ライフスタイル

化粧品から思い出の品まで 上手な捨てどき教えます

日経ウーマン

2019/10/2

「まだ使えるかも」「大切だから」と思うものも断捨離すればすっきりする(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマン

「まだ使えるかも」「高かったから」……。さまざまな思いが絡み合い、処分をためらっているモノが自宅にあふれていない? 「捨てられない人」から「捨て上手」に生まれ変わるコツと、捨てどきの見極め方を学びましょう。

■「寿命」を意識すれば捨てるのがラクに

「モノにも生き物同様、寿命があるんです」と整理収納アドバイザーの中山真由美さん。「寿命=モノの捨てどき。それを理解していない人が、際限なくモノをため込んでいます」。

吸水性が落ちたタオルなど「本来の機能を果たさないもの」も、流行遅れの服など「再登板の機会がないもの」も“寿命”。そう考えれば、捨てることへの後ろめたさが和らぐ。「モノ1つ1つと向き合い、要・不要を判断し、捨てる経験を重ねるうちに、手放し上手な“捨て体質”になれます」。

まずは寿命が明確な、使用期限があるものから捨てていこう。「捨てられたという成功体験によって、“捨てモード”のギアが上がる。すると、モノを買うときにしっかり吟味し、最後まで使い切るという姿勢も養われていきます」。

■捨て体質に変わるための捨て方のコツ

捨て下手な人は、捨てる「心理的難易度の低い」ものから徐々にトライするのが成功の秘訣。「無理をしない“捨てる経験”を重ねれば、自然に“捨て体質”に!」。

【どこから捨てる?】まずは小さなスペースから手をつける

慣れないうちに、いきなり大きなスペースに取りかかろうとすると、挫折しがち。気軽に取り組め、短時間で達成感を味わえる、小さなスペースから着手しよう。




面積の大きいところはアイテム別に取り組む
クローゼットなど大きな収納箇所は、「今日はシャツだけ」など、アイテム別に取り組む。「一歩一歩でも確実にモノが減っていっている実感を得るのが大事」。


【いつ捨てる?】一度にやろうとしない。細切れで習慣化する

まずは、短時間で負担なく行える捨て作業を繰り返し、捨てることを生活習慣にしていく。捨て習慣が身に付くにつれ、捨てるか否かの判断力も磨かれ、迷わず楽に捨てられるようになる。



【何から捨てる?】使用期限があるものは迷わず捨てる

捨てる・捨てないの判断にいちいち迷っていると、一向に進まずイライラ…。「賞味期限や使用期限のような、客観的な判断基準があるものから手をつけると、悩まず、捨てる勢いがつきやすい」。



女性 新着記事

ALL CHANNEL