松重豊さん 男性にこそ知ってほしい不妊治療の現実映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』主演インタビュー

日経Gooday

49歳から不妊治療を始めた主人公を演じる松重豊さん
49歳から不妊治療を始めた主人公を演じる松重豊さん
日経Gooday(グッデイ)

2019年10月4日から、映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』が全国で上映される。原作は、作家・ヒキタクニオさんが自らの不妊治療体験をもとに書き上げたエッセー『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社文庫刊)。「男性の不妊治療」という今まで映画では取り上げられなかったテーマに焦点を当て、49歳から不妊治療を始めたヒキタさん[注1]役をバイプレーヤーの松重豊さん、二回り近い年下の妻・サチ役を北川景子さんが演じる。今回は映画初主演の松重さんに、男性の不妊について、そしてご自身の健康管理について伺った。

――まず映画初主演のご感想をお聞かせください。

松重 この年まで俳優をやっていると、「初主演」という響きに気恥ずかしいものがあります。でも、主演でも助演でもカメラの前で芝居するということにはなんら変わりなく、皆さんが思っているほど現場の人間はさほど気にしていません。ただ脇役で関わると1日、2日の撮影で終わり、スタッフの名前すら覚えていない作品が山ほどあります。でも、主演は出ずっぱりなので撮影時間が長く、この映画の撮影でも3週間、スタッフとずっと一緒だったので仲良くなれました。「みんなで面白い作品を作る」という気持ちになれる時間が長く続くことはいいものです。

――オファーが来たとき、「40代男性の不妊治療」というテーマについてどう思いましたか。

松重 今まで出合ったことのないテーマでしたし、これまで男性は、不妊という問題を女性側に押し付け、ふんぞり返って黙って見てきたケースが多かったのではないかと思います。しかし蓋を開けてみると、実は男性にも原因がある場合がある。そのセンシティブな問題を深く掘り下げ、50代の僕が主人公を演じることで世の中に問題提起できるのは面白いかなと思いました。

また、このオファーを頂いて相手役が北川景子さんだと聞いたとき、えぇっと驚きました。果たして夫婦に見えるかどうかだけが気がかりで。お客様に「これ、夫婦じゃないだろ」と思われたら困るなと。若く見せるために体づくりをしなければいけないかなど、いろいろ考えましたが、それよりも北川さんといいコミュニケーションを取ることが一番大事だと思いました。キスシーンなど特にストレートな表現がある映画でもなく、ただ夫婦の会話や呼吸で成り立っている作品なので、そんな夫婦の日常が違和感なく観(み)ている人に伝わればいいなと思いました。

ですから、現場の待ち時間などでは、北川さんと会話のキャッチボールができるモードに僕自身切り替えていましたし、実際、夫婦のように自然体で会話ができたので良かったです。

北川さんの歩み寄りが大きいのですが、試写を見たとき、手前味噌ながら夫婦にしか見えなかったのでホッとしました。

多くの男性は避けて通りたいかもしれないけれど……

――映画に出演される前後で、男性不妊について驚かれたことや、考え方が変わったことがあれば教えてください。

松重 不妊治療の当事者を演じて改めていろんな現実を知り、様々な感情が湧きました。映画の中でヒキタさんは、男性不妊の原因を突き詰めるのに産婦人科に足を運んで検査しなければいけませんでした[注2]。産婦人科の待合室には女性が大勢いて、そこに初老の男性が1人で待つ違和感と闘わなければいけない。そして、男性不妊の原因を探るには精子を検査するしかないという現実を突きつけられ、「じゃあ、ここに入れてください」と看護師さんから検査容器を渡される。そんな経験を避けて通りたいと思っている男性は多いように思いました。

体外受精と人工授精の違いについて僕自身もよく分かっていませんでしたし、保険が利かず高額な費用がかかり、長期間に及ぶケースが多い。男性は精子の検査だけですが、女性はいろんな検査をされて痛い思いをしなければいけないことも、認識できていない男性は多いのではないでしょうか。

[注1]映画では49歳という設定だが、実際のヒキタクニオさんは45歳で不妊治療を始めた。

[注2]男性の検査は不妊外来のある病院や不妊専門クリニック、泌尿器科などでも受けられる。