家ごはん人気で好調な炊飯器 おいしさ追求、革新続く大河原克行のデータで見るファクト

炊飯器の販売が好調だ(写真はイメージ=PIXTA)
炊飯器の販売が好調だ(写真はイメージ=PIXTA)

消費増税によって、外食産業には逆風が吹いている。食品の消費税率は軽減税率の適用によって8%に据え置かれたため、「内食」に対しては追い風が吹いており、家庭でおいしい食事をするための調理家電にも注目が集まっている。

一般社団法人日本電機工業会によると、ジャー炊飯器の2019年7月の国内出荷実績は、前年同期比4.0%増の37万7000台、出荷金額では5.4%増の80億8900万円となった。民生用電気機器全体の出荷金額が前年比14.2%減と2桁の減少になっていることと比較すると、好調である。8月の実績でも同様に民生用電気機器全体の出荷金額の伸び率を上回っている。

タイガー魔法瓶が実施した「増税と食事に関する意識調査」によると、回答者の78.3%が、増税に伴って、「外食の頻度を減らしたい」としており、内食の比率が高まる傾向が見て取れる。同調査では、「家でもおいしい料理を食べたい」という回答が95.0%を占めており、「家でご飯を食べるとき、お米にこだわりたい」という回答も72.3%に達している。「増税後は、外食の頻度を減らして、家でおいしいご飯を食べる」という意向を持っている人はかなり多そうだ。

炊飯器は、日本の家電メーカーが最もこだわっている商品領域である。

おいしいご飯を炊くために、毎年進化を遂げており、成熟市場でありながらも、常に革新が続いている。

フラッグシップの基本技術変えた象印

国内トップシェアを持つ象印マホービンは、2018年に創業100周年を迎えたのを機に、炊飯の原点に立ち返って、同社の代名詞であった「かまど炊き」を再度検証。新たに「炎舞炊き」を開発して、ご飯のおいしさを大きく進化させた。

象印マホービンの「炎舞炊き」炊飯器

同社売上高の約4割を占める炊飯器事業のフラッグシップ製品の基本技術を見直すという大胆な取り組みだ。

古民家のかまどを使って、ご飯を炊くときに炎が動く様子を、赤外線カメラを使って観察。炎の「ゆらぎ」によって炎が部分的に集中加熱することで釜内に温度差が生じ、釜内に激しく複雑な対流をもたらしていることに着目して開発した「炎舞炊き」は、従来製品では本体下部に1つしか搭載していなかった底IHヒーターを3つ配置。それぞれを独立制御する「ローテーションIH構造」を業界で初めて採用することで、3つのヒーターが数秒ずつ入れ替わって加熱。炎の「ゆらぎ」を再現している。 従来の炊飯器の多くが、釜全体を均一に加熱するのに対して、逆張りともいえるモノづくりに挑んだ商品だが、大火力で釜内のお米を大きくかき混ぜることで、ふっくらと弾力のある、甘み豊かなご飯を炊き上げることができるという。

3つのIHヒーターで「ゆらぎ」を再現する

同社の調査によると、従来の「極め羽釜」でも88%の人がおいしさに満足していたが、新たな「炎舞炊き」では、95%の購入者がおいしさに満足しているという。

19年の新製品では、炎の「ゆらぎ」を改良。炊飯における重要なポイントである「中パッパ」工程から、炎のゆらぎを段階的に激しくすることで、甘み成分のひとつである還元糖量を向上させた。

さらに、4合炊きの小容量タイプを追加。50歳以上の夫婦のみ世帯をターゲットに提案するという新たな取り組みも開始した。

単独世帯や核家族世帯の増加を背景に、今後は小容量炊飯器の需要が伸びるとの予想もあり、4合炊きというこれまでにない容量で市場をリードする考えだ。

MONO TRENDY連載記事一覧