powered by 大人のレストランガイド

レモンサワー缶8種を飲み比べ あなたのお気に入りは

今回は8種の缶酎ハイ・レモンサワーをテイスティング。レモンの果汁感などに大きな差が
今回は8種の缶酎ハイ・レモンサワーをテイスティング。レモンの果汁感などに大きな差が

夕飯のお供や風呂上がりなどに楽しむアルコール飲料として、ここ数年で自宅で需要が拡大しているのが缶酎ハイのレモンサワー。ビールやハイボールと同様、食中酒としても重宝するレモンサワーは、レモンの酸味が爽やかで様々なシーンで幅広い世代に人気です。“レモンフレーバーのアルコール飲料”としては、14年からの5年間で販売総量が5年連続して前年比を1割上回り、伸び続けているそうです。

今、缶酎ハイのレモンサワーは高アルコールタイプや果汁感にこだわったもの、バランスよく飲みやすく仕上げてあるものなど、個性が様々。今回は4社から自信作のレモンサワー2種ずつをピックアップしてもらい、計8種を試飲してみました。ドライ系、こだわり果実系、バランス重視系の3つのカテゴリーでご紹介します。(価格は税込み、2019年9月現在。ライターが調査)

ガツン!と高アルコール&キレのある「ドライ系」

まず、比較的高アルコールで、レモンの酸味が効いてガツンとしたうまさが魅力のレモンサワーを飲みたいときは、こちらのドライ系3種がお薦め! まるで、居酒屋で提供しているキレ味抜群のストロング系レモンサワーのような味わいです。

左から、サントリースピリッツ「-196℃ストロングゼロ <ダブルレモン>」(140円前後)、サントリースピリッツ「こだわり酒場のレモンサワー」(140円前後)、宝酒造「タカラcanチューハイ<レモン>」(210円前後)

●サントリースピリッツ「-196℃ストロングゼロ <ダブルレモン>」(アルコール9%)

ダブルレモンというネーミングの通り、レモン果汁に加えてレモン浸漬(しんせき)酒を使用しているそうで、レモンの味が濃く、ほのかな苦味と甘みも感じられ、奥深い味わいなのが特徴。爽快感があるので、バーベキューなどのレジャーにもおすすめ。ビールの代替としても活躍しそうです。

9月下旬にリニューアルしたというこちらの商品は「独自の“-196℃製法”によるレモン浸漬酒を増量し、ブレンドの配合を見直すことで、レモンまるごとの果実感をさらにアップし、より食事に合う味わいに仕上げました」(サントリーホールディングス広報部の狩野 友輔さん)とのこと。

サントリー「-196℃ストロングゼロ <ダブルレモン>」
果汁感     ★★★★★
ドライ感    ★★★★☆
バランスの良さ ★★★★☆

●サントリースピリッツ「こだわり酒場のレモンサワー」(アルコール7%)

レモンの爽やかな香り、爽快感が全面に出たようなおいしさ。ベースとなっているレモンを丸ごと漬け込んだという浸漬酒の味がみずみずしい。レモン果汁そのものの味というより浸漬酒の味が前に出ているので、酸味を抑えたバランスのいい味でスッキリ。唐揚げやフライなど居酒屋で食べるようなつまみ料理にぜひ合わせたいレモンサワーです。

同社では瓶タイプの「こだわり酒場のレモンサワーの素」というリキュールを18年2月に発売。これが人気を集め、缶タイプとして19年3月に本商品を発売しました。「瓶タイプ、缶タイプともに一目で“お店のおいしいレモンサワー”を想像できるようなパッケージとなっており、お客様に好評いただいています」(狩野さん)とのこと。

サントリースピリッツ「こだわり酒場のレモンサワー」
果汁感     ★★★☆☆
ドライ感    ★★★★★
バランスの良さ ★★★★★

●宝酒造「タカラcanチューハイ<レモン>」(アルコール8%)

一口飲んだだけで、ガツンと焼酎の香り。レモンの香りと酸味で爽やかな風味ですが、前面に出てくるのはあくまで焼酎の味。「元祖辛口」とパッケージに書いているだけあって、後味もよく、キリッとしていてドライで爽快な飲み口です。

こちらは84年発売、人気のロングセラー商品。「原料、発酵、蒸留方法などの異なる11種類の“樽(たる)貯蔵熟成酒”を使用し、味に深みを出しています。発売以来、果汁の品質向上など、原材料に若干の変更はあったものの、基本的な商品コンセプト・製法などは変更しておりません」と宝ホールディングス環境広報部広報課の白川愛美さん。「氷を入れたグラスに注いで飲むとより風味が豊かに感じられますよ」とのこと。

宝酒造「タカラcanチューハイ<レモン>」
果汁感     ★★☆☆☆
ドライ感    ★★★★★
バランスの良さ ★★★★☆
メールマガジン登録
大人のレストランガイド