有料ホームかサ高住か 民間介護施設はどう選ぶ?終のすみかを選ぶ(下)

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

「終(つい)のすみか」談議が続く筧家。「公的な介護施設は待機者が多いから、民間施設についても知っておきたいな」と良男。「例えば有料老人ホームね」と恵が相づちを打つと、「民間もいろいろあって選ぶのは簡単じゃないわ」と幸子が続けます。

筧(かけい)家の家族構成
筧幸子(48)良男の妻。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。
筧良男(52)機械メーカー勤務。家計や資産運用は基本的に妻任せ。
筧恵(25)娘。旅行会社に勤める社会人3年目。
筧満(15)息子。投資を勉強しながらジュニアNISAで運用中。

良男 民間の高齢者施設にはどんなものがあるの?

幸子 代表的なものとして有料老人ホームのほかに、「サービス付き高齢者向け住宅」や「グループホーム」、社会福祉法人などが運営する「ケアハウス」もあるわね。このうち、グループホームは認知症高齢者で要支援2以上の人しか入れないし、ケアハウスも数がそんなに多くない。一般には有料老人ホームと、「サ高住」や「サ付き」といった略称で呼ばれるサービス付き高齢者向け住宅が有力な候補といえそうね。

 有料老人ホームは高額の入居一時金の返還問題が話題になったの覚えているわよ。

幸子 有料老人ホームは高齢者を入居させて(1)食事の提供(2)入浴・排せつ・食事の介護(3)洗濯・掃除等の家事(4)健康管理――の少なくとも1つのサービスを提供する施設なの。でも一口に有料老人ホームといっても「介護付き」「住宅型」「健康型」に分かれるのよ。自立者だけを対象にした健康型はかなり少ないので、頭に入れておきたいのは残りの2つね。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし