レース向けロードバイクとしては手ごろなモデル

キャノンデール「CAAD13 DISC105」

手ごろなアルミフレームでありながら、カーボンフレームに匹敵するパフォーマンスで支持を得ているCAADシリーズ。20年モデルではフルモデルチェンジが行われ、CAAD13に進化した。最大の特徴はチューブの形状を従来の丸形から後端を切り落とした翼断面(カムテール)に変更し、フレーム後部の三角形をコンパクト化するなど、昨今流行のエアロフレームになったことだ。

こうしたフレームデザインは高速走行時の空力性能が向上する半面、乗り心地が硬くなりやすい。しかし、CAAD13は太めのタイヤや、後輪を支持するチェーンステーをしならせることで衝撃を吸収する「SAVEテクノロジー」を採用することで優れた快適性を確保した。

レースにも使用できる性能をもったロードバイクとしてはリーズナブルな価格も魅力だ。リムブレーキ仕様(18万円)もあるが、おすすめは、より太いタイヤへの換装も可能なディスクブレーキ仕様である。

キャノンデール「CAAD13 DISC105」
価格:21万円 
フレーム:アルミ 
フォーク:カーボン 
ドライブトレイン:シマノ 105 2×11速 
タイヤサイズ:700×28C 
車重:未公表 

街から山道までこなせるグラベル仕様のバイク

ビアンキ「ORSO」

街から山道まで、混合地形のライドを想定して設計されたシマノの新型コンポーネント、GRXを搭載するグラベルバイク。丈夫で振動吸収性に優れたクロモリフレームに軽量なカーボンフォーク、エアボリュームの大きい40Cサイズのタイヤ、油圧ディスクブレーキを採用する本格派。ビアンキのイメージを裏切るミリタリー調のスタイリングも魅力だ。

ビアンキ「ORSO」
価格:23万5000円 
フレーム:クロモリ 
フォーク:カーボン 
ドライブトレイン:シマノ GRX600 2×11速 
タイヤサイズ:700×40C 
車重:未公表
次のページ
コインロッカーに収まるコンパクトな折り畳み
MONO TRENDY連載記事一覧