the barは酒場じゃない!? 日本人が驚く隠れた意味デイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(16)bar

A: You look pleased. 嬉しそうだね。

 B: I am. This contract will unbar the way to a successful partnership with ABC. そうさ。この契約でABC社との協力関係がうまくいく道が開けるんだ。

*すぐ上で扱った動詞bar(かんぬきを掛ける)の反対語がunbarです。「かんぬきを外す」という意味になるのですが、比喩的に「門戸を開く」ことも表します。unbar the way toなら「~への道を開く」です。

If you want a promotion, you can't let anything bar your success. 昇進を望むのなら、何物にもあなたの成功を妨げさせてはいけません。

*barには比喩として「妨げ」のニュアンスがあり、a bar toで「~への妨げ、障害」を表します。動詞では、この例文のようにprevent(妨げる)と同じような意味になります。

Due to poor grades, Mike was barred from playing soccer. 成績が悪かったので、マイクはサッカーをするのを禁じられた。

*bar someone from doing:人が~するのを禁止する。基本的にはbe barred fromという受け身の形で使われ、その後に場所が続くと、たとえばbe barred from the casino(カジノへの出入りを禁止されている)のように「~から締め出されている、除外されている」の意味を持ちます。

A: This steak house is the best, bar none! このステーキ店は文句なしに一番ですね!

 B: I absolutely agree. まったく同感です。

*barという語は、exceptと似た前置詞として「~を除いて」の意味で使うこともできます。これは「除外する」を意味する動詞の用法に由来するものです。bar noneとは、何も除くことなく、という意味ですので、つまり「一つの例外もなく」、ひいては「文句なしに」のニュアンスを持ちます。

:D セイン

デイビッド・セインの「ビジネス英語・今日の一場面」は木曜更新です。次回は10月3日の予定です。

デイビッド・セイン David Thayne
米国出身、三十数年前に来日。翻訳、通訳、執筆、英語学校経営など活動は多岐にわたる。企業や学校の人気セミナー講師。英語関連の出版物の企画・編集を手掛けるAtoZ English(http://www.atozenglish.jp)・AtoZ English 英語学校代表。

英語で実務をこなせるようになる実践講座/日経ビジネススクール

確実にマスターできる「英語の学び方」からビジネス英会話、英文メールの表現力を高める講座まで!

>> 講座一覧はこちら

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集