克明に分かった恐竜最後の日 小惑星衝突の一部始終

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

チクシュルーブ衝突は一瞬にして地球上の多くの命を奪った。衝突は巨大なクレーターを生み出し、大量の岩石を蒸発させ、あるいは空に巻き上げ、多くの動植物が消えた(ILLUSTRATION BY SCIENCE PHOTO LIBRARY, ALAMY STOCK PHOTO)

海底からコアサンプル(パイプを使って柱状採取した地質試料)を引き上げながら、研究チームは、数千万年前の古代生物の残骸である不気味なほど白い石灰岩に目を注いでいた。すると、ふいにくっきりとした分かれ目が表れたかと思うと、その後に黒い層が続いた。

「上の層とはまるで違っていました」と、米テキサス大学オースティン校の研究者で、調査の共同チーフを務めるショーン・ギューリック氏は言う。

この突然の変化こそ、地球の歴史上、有数の大災害があったことを示している。今から6600万年前、メキシコのユカタン半島沖に巨大な小惑星が衝突した。この衝突によって引き起こされた悪夢のような連鎖反応は、動植物種の75パーセントを絶滅に追いやった。そして、絶滅した中には、すべての非鳥類型恐竜が含まれていた。

あの運命の日に起こった出来事

海底から採取したコアサンプルを様々な手法を用いて調査することで、研究チームは、あの運命の日に起こった出来事を時系列に並べることに成功した。あの日、何が起きたのか、事態の進行が分単位でわかる部分もあるほど詳細なタイムラインだ。

研究チームが2019年9月9日付けで学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表した内容によると、小惑星の衝突からわずか数時間のうちに積もった大量の物質や、激しい火事によって残された炭などが、コアサンプルから見つかっている。

「研究チームは、小惑星衝突の様々な瞬間を詳しく調べられます」と、米ウィノナ州立大学で衝突クレーターの研究をする地質学者、ジェニファー・アンダーソン氏は言う。「その詳細さには圧倒されます」

人類が存続する間に、同程度の規模の小惑星の衝突があるとは考えにくいが、万一、そんなことが起きれば、地球上の生命進化に大きな影響を与えるだろうと、クレーターのコアの調査に携わった米パデュー大学のジェイ・メロシュ氏は言う。研究が進めば、地球上の生命の脆弱さを深く理解できるようになると、氏は述べている。

大災害をドリルで探る

「チクシュルーブ衝突」として知られるこの衝突の後に何が起きたのか。過去の研究では、世界に散らばった降下物やコンピューターモデルを組み合わせることで、その謎を解き明かしてきた。米ノースダコタ州のある化石産地は小惑星衝突による地震波で生態系がまるごと破壊されたとする説も、こうした研究によって生まれた。

しかし、衝突後に起きた混乱のディテールは、長い間謎のまま残されていた。科学者たちは、衝突によってできたクレーターそのものを調べることによって、これを解明したいと望んでいた。

数千万年という年月の間に、クレーターは何層もの堆積物によって埋められた。そのおかげで、激しい風や波による風化は免れたものの、一方で調査を望む科学者たちを遠ざける原因にもなった。地球史上の重大な瞬間を実際に見るにはドリルによる掘削を行わねばならないわけだ。