史上最強最大の企業 英国東インド会社の驚くべき支配

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

スペイン無敵艦隊を打ち破ったことを見届けたエリザベス1世は、英国商人らに国王の代理として東インドで交易を行うことを許可する勅許を与えた(Photograph by Leemage, Corbis/Getty)

いま「巨大企業」と聞いて思い浮かべるのはグーグルやアップルだろうか。だが、過去を含めれば、どれも英国東インド会社の足元にも及ばない。かつてインド亜大陸のほぼ全域を支配した、強大な営利企業だ。1600年から1874年の間に、自らの軍隊や領土を有する史上最強の企業を作り上げ、今日では極めて英国的とされる商品である紅茶の取引をほぼ独占していた。

17世紀初頭、インド亜大陸は「東インド」と呼ばれ、裕福なヨーロッパ人が珍重する香辛料、織物、ぜいたく品などの産地として知られており、無限の可能性を秘めた地であるかのように考えられていた。

大航海時代が幕を開けてしばらくは、航海術にすぐれたスペインとポルトガルが、この極東の地を独占していた。だが、そこに食い込もうとしていた英国は、1588年にアルマダの海戦でスペイン無敵艦隊を破り、本格的な海軍国への道を開く。

1600年、英国の商人集団がエリザベス1世に対し、さまざまな見返りと引き換えに、自分たちが国王の代理として東インドに航海し、交易を独占できる勅許を求めた。女王は独占権を認め、商人らはこの冒険的な事業に自ら7万ポンド近い資金を出資し、英国東インド会社を設立した。

同社は、「商館員」と呼ばれる使節を派遣して、交易拠点の設置、商品の調達と交渉を行わせる「商館」システムを採用した。1612年にムガル帝国皇帝ジャハーンギールとの間に協定が結ばれたことから、最初の商館が現在のインド西部にあるスラトに設立された。年月を経るにつれ、同社の関心は胡椒などの香辛料から綿布や絹織物、茶へと移っていき、範囲はペルシャ湾、中国などアジアのほかの場所にも拡大した。