ワンハンド・頭活… 19年下期注目の食品キーワード食品ブレイク予測 2019下半期 キーワード編

日経トレンディ

「ワンハンドミール」「『頭活』乳酸菌系飲料」「掛ける大豆」「超早炊き」「大人味アイス」のキーワードで19年下期注目の商品を紹介する
「ワンハンドミール」「『頭活』乳酸菌系飲料」「掛ける大豆」「超早炊き」「大人味アイス」のキーワードで19年下期注目の商品を紹介する

「簡便・時短」が食品のキーワードになって久しい。2019年下半期はこの流れが加速し、ついに「調理ゼロ食品」が脚光を浴びる時代に突入した。代表格が「炒飯・丼… 冷食は『がっつり飯』激戦 19年下半期」で紹介した冷凍食品。冷食は、ここ数年で驚くほど味のクオリティーが向上。加えて、容器付きで皿の用意や食後の皿洗いが不要という利便性を併せ持つ商品が続々登場したことで、今後もユーザーが増えることは必至だ。同様に、「ご飯が進む『悪魔とシビレ』食品に注目 19下半期」で紹介した「掛けるだけ」のふりかけやシビレ系も、調理ゼロ食品の亜種と呼べる。

キーワード1「ワンハンドミール」

さらに、食べるスタイルの効率化に配慮する食品も登場する。皿はおろか、スプーンや箸も必要無く、手に取ってそのまま口にできる「ワンハンドミール」だ。スマホを見ながら片手で食べたい、という多忙な現代人らしいニーズといえる。

「まぁるい焼豚めし」(ニチレイ)は具材入りの焼き飯料理を丸いおにぎり形状にした新しいタイプの冷食。カレーを混ぜ込んだご飯を焼き上げた「まぁるい焼カレー」、ビビンバ風ご飯を焼き上げた「まぁるい焼ビビンバ」の計3種を展開する

冷食の「まぁるい焼豚めし」(ニチレイ)は、おにぎり状の新感覚フード。豚肉入りの甘辛しょうゆダレの焼き飯料理を丸めたもので、これ1品で完結しているところが新しい。シリーズで焼きカレー、焼きビビンバと3種類があり、いずれも焦げ目のある香ばしさが売りだ。

「もっちりマルゲリータ」(マルハニチロ)。朝食にミニサイズのピザを食べる人が増えるなか、もっちりの生地を使った人気のマルゲリータを1人前冷凍ピザで展開。最大の特徴は、折り畳むと片手で持てる形状になる工夫が施された紙容器
(写真左から)オーブンで焼き上がったピザを、1分置いてチーズを少し冷ましてから、まず紙の容器ごと半分に折る。上部をミシン目に沿って切り取る。容器の部分を片手に持って食べることができる

「もっちりマルゲリータ」(マルハニチロ)は、発想の転換で冷食のピザを折り畳んだ、カルツォーネ風ワンハンドフード。「グリルフィッシュ」(はごろもフーズ)は、サラダチキン、サラダシーチキンの系譜を継ぐ高タンパク質フードだ。テイクアウトなどでは定番だったワンハンドで食べられるトレンドが、家庭にも押し寄せる。

「グリルフィッシュ」(はごろもフーズ)は若年層が手軽に焼き魚を食べられるように、味付けした魚の切り身をグリルし、レトルト殺菌してアルミパウチに封入。常温で2年間保存可能。「ガーリックしょうゆ」は濃いめでご飯と一緒に食べるのに向く。「レモン&ペッパー」は爽やかなレモン風味でそのままでも食べやすい
携帯して小腹がすいたら袋を開け、片手でカジュアルに食べられる
電子レンジで30秒程度温めれば、夕食のメインのおかずになる

MONO TRENDY連載記事一覧