筋肉体操・谷本道哉さん プライベートは20分筋トレ筋トレ研究者・谷本道哉さんに聞く(下)

日経Gooday

NHKの5分間番組『みんなで筋肉体操』でおなじみの谷本道哉さん。プライベートではどんな筋トレをしているのだろうか。(写真 鈴木愛子)
NHKの5分間番組『みんなで筋肉体操』でおなじみの谷本道哉さん。プライベートではどんな筋トレをしているのだろうか。(写真 鈴木愛子)
日経Gooday(グッデイ)

筋肉隆々の男性たちがただひたすら筋トレをするNHKの5分間番組『みんなで筋肉体操』で、「筋肉は裏切らない!」などの声掛けが印象的な筋トレ研究者の谷本道哉さん。2019年9月には、『みんなで筋肉体操語録 ~あと5秒しかできません!~』(日経BP)をはじめ関連著書が複数発売されるなど、筋肉ブームはまだまだ続きそうだ。シリーズ第3回は、そんな谷本さんの普段の健康管理などについて聞いた(第1回は「筋肉体操・谷本道哉さん 筋トレ三昧、最高の研究生活」、第2回は「筋肉体操・谷本さん 『キツくてもツラくない』筋トレ」)。

――筋トレについてさまざまな研究を続けていらっしゃいますが、現在はどんな研究をされているのでしょうか。

腕立て伏せの手幅の取り方で、効果がどう変わるのかなどを研究中

谷本 いくつかのテーマを進めていますが、一つは、腕立て伏せをする時の手幅の取り方で、効果がどのように変わるのかを力学、生理学指標から分析しています。ほとんどの人は、腕立て伏せではまっすぐ真下に床を押していると思っています。でも、実際はまっすぐ真下に床を押してはいません。手幅によって床を押す方向は変わります。手幅が広ければやや外向きに、狭ければやや内向きに押しています。

NHK『みんなで筋肉体操』では、こういった知見に基づいて理想的なフォームを追求しています。条件設定や分析項目、データのサンプル数を増やして、より詳細に検証しているところです。それをどんどん論文にまとめていかないといけないんですけどね。

通勤時は自転車で持久運動

――谷本さん自身、普段はどのように体を動かしていますか。

谷本 僕自身が健康でないと説得力がありませんし(笑)、健康オタクでもあるので(笑)、運動や食事には自然に気をつけています。筋トレはもちろんですが、持久運動もしますよ。もともと持久運動は好きではなかったのですが、「筋トレで動脈が硬くなることもある」という研究と関わった国立健康・栄養研究所にいた時から、持久運動も始めました(第1回「筋肉体操・谷本道哉さん 筋トレ三昧、最高の研究生活」)。今は、通勤でロードバイクに乗っています。

――持久運動といってもランニングや水泳などさまざまですが、ロードバイクを選んだ理由は?

ランニングはそれほど好きではないし、水泳はプールに通わなければいけない。ロードバイクなら通勤で乗るので、僕にとって一番続けやすい運動だと思いました。こぎ方次第で筋トレにもなりますしね。脚が太くなりますよ。

家から大学までは片道5キロほどで、アップダウンが激しく、なかなかに運動として「ちょうどいいコース」なんです。行きに長い上り坂があるので、そこでインターバルダッシュをします。息も切れますし、ももとお尻がパンパンになります。大学に着く頃には脚がガクガクですが、それが気持ちいいんです。キツくてもツラくない! キツいから楽しい! 結構ハードな坂道なので、さすがに毎日では脚が持ちません。ロードバイクに乗らない日は、電動アシスト付きの自転車で通勤します。

2019年9月発売の『みんなで筋肉体操語録 ~あと5秒しかできません!~』(日経BP、左)と『みんなで筋肉体操』(ポプラ社)。後者は初のDVD付き書籍

筋トレの内容を3つに分け、それぞれ週2回

――筋トレはどのようなルーティンでされていますか?

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント