在宅介護、費用の目安は月5万円 周囲に協力求めて終のすみかを選ぶ(上)

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

筧家が夕食をとっていると、テレビで終活の特集番組が始まりました。「終(つい)のすみかを考えるときは、どこで介護を受けるのかを考える必要があります」とアナウンサーの声。良男が「友人の父親も介護が必要になったんだよ」と話し始めました。

筧(かけい)家の家族構成
筧幸子(48)良男の妻。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。
筧良男(52)機械メーカー勤務。家計や資産運用は基本的に妻任せ。
筧恵(25)娘。旅行会社に勤める社会人3年目。
筧満(15)息子。投資を勉強しながらジュニアNISAで運用中。

良男 友人の場合は当面は自宅で介護するそうなんだけど、費用はどれくらいかかるんだい?

幸子 家計経済研究所の2016年の調査では、単純平均で月に5万円。これは公的介護保険を使ったうえでの自己負担分と、おむつ代や医療費など介護保険適用外の費用の合計よ。ただ単純平均は一部の高額の支出がある人に引っ張られて高くなりがちなの。金額の多い人から順に並べて真ん中の値を示す「中央値」は月3万3000円だったわ。

良男 それでもそこそこ重い負担だな。

幸子 介護の必要度によってもだいぶ違うの。公的介護保険は支援や介護が必要な度合いを、要支援1から要介護5までに7段階に分けているの。介護の必要性が比較的軽い「要介護1」なら単純平均で月3万3000円強だけど、ほぼ寝たきり状態である「要介護5」は7万5000円弱になっているわ。

 介護の期間ってどれくらいなのかしら。

幸子 生命保険文化センターの18年調査では、平均は約54.5カ月よ。単純平均の5万円をかければ約273万円になるわね。ただし介護の期間は人によってばらばらで、10年以上の人も15%いるの。単純平均の月額に10年をかければ600万円にもなるわ。

良男 最初に住宅改修や介護用ベッドの購入など、一時的な費用が別にかかることもあるみたいだね。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし