ジャケットスタイルを新鮮に 目からうろこのヒント集

MEN’S EX

2019/9/18
MEN'S EX

着こなしの幅が広いジャケットスタイルは装い方に迷うことも多々あるはず。今の旬も鑑みて細かな重要ポイントを解決していこう。

[ QUESTION 01 ]
ジャケットの着丈はどれくらいが適正?

〈 ANSWER 〉
スーツより数センチ短めがセオリー

スーツの場合、ヒップがほぼ隠れる程度が今の主流なのに対し、ジャケットは数センチ短めの丈を選ぶとバランスがよい。具体的にはヒップトップよりやや下くらいが目安となる。クラシック感の強いジャケットはスーツと同程度の着丈をとる場合もあるが、“今どき”に見えるスタンダードはこれが正解。 服はすべてスタイリスト私物

[ QUESTION 02 ]
ブレザーのボタンはゴールド? シルバー?

〈 ANSWER 〉
トラッドならゴールド、モダンならシルバーを

ブレザーの印象を大きく左右するのがボタンの色。無難に着こなしやすいのは現代的に見えるシルバーボタンだが、昨今流行のトラッドを打ち出すなら金も粋だ。 ブレザー左:4万3000円/エストネーション(エストネーション) ブレザー右:5万1000円〈オーダー価格〉/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム) その他〈スタリイスト私物〉

[ QUESTION 03 ]
今、ジャケパンにおすすめなベルトはどんなもの?

〈 ANSWER 〉
再注目なのはトラッドなメッシュ

スーツのときよりスポーティなベルトを合わせるのがジャケパンの基本だが、中でも再注目したいのがメッシュベルト。コンサバ派にとっては見馴れたアイテムだが、トラッドが時代の主流となっている今、一周回って新鮮だ。 ベルト4万4000円/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店) その他〈スタイリスト私物〉

[ QUESTION 04 ]
ジャケットに合うパンツ選びの基準は?

〈 ANSWER 〉
スーツと同様プリーツ入りが主流に

スーツでは当たり前になったプリーツパンツだが、ジャケットに合わせる単品パンツはどうか? これも同様に、プリーツ入りが主流になっている。ただし元来スポーティなスタイルゆえ、ノープリーツもNGというわけではない。エレガントに見せるならプリーツ入り、軽快に見せるならノープリーツと使い分けるのがよいだろう。

――Next Trend――
あえてのシングル裾がジワジワ注目

腰回りに加えて、裾の処理にも変化の兆しあり。下写真の足元だが、あえてシングル裾でスマートに見せている。ドレスパンツ=ダブルというセオリーが絶対ではなくなりつつあるのだ。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019