また、栄養ドリンクの中には「清涼飲料水」に分類されるエナジードリンクのようなものがあり、こちらは税率8%。「医薬品」や「医薬部外品」に分類される栄養ドリンクは食品ではないため10%となります。

外食は? デリバリーは? 食べ歩きの屋台はどうなる?

外食が例外となることで、ファストフード店やフードコートなどでイートインをした場合は外食にあたり10%になります。テイクアウトは、惣菜などを買って自宅で食べる中食と同様の位置づけになり8%です。家計に有利な大方針としては、外食よりも中食を、ということで、できるだけテイクアウトや惣菜を買って自宅で楽しむなどの選択の方がおおむね有利になります。

ただし、店舗によってはテイクアウトで容器代がかかるケースもあります。容器代が税率2%の差額を上回る場合は、イートインが有利ですね。

デリバリーについては、あくまで食品を運んでいるだけということで商品に対する税率は8%になります。宅配料がかかる場合などはサービスを受ける費用になるので10%となるのが原則です。税率としては魅力的なデリバリーですが、「いくら以上の注文で宅配料無料」などと設定されていることが多いです。宅配のコストなどもまかなえるように価格設定されているはずなので、税率だけにとらわれないように気を付ける必要があります。

屋台で食べる場合、椅子やテーブルが用意されているところで食事をすると外食にあたり10%。食べ歩きなどが想定されていて椅子やテーブルがない店舗だと税率は8%になります。

注目記事
次のページ
税率の差、あまり気にしなくてもよさそう