壇蜜、遺体と向き合う仕事にピンときた 運命の一冊

日経ARIA

和菓子工場、葬儀場、受付、ホステスなどいろいろな職場や仕事を経て、29歳でたどり着いたのが芸能界。「壇蜜」の「壇」は仏壇を、「蜜」はお供え物を意味しているとか
和菓子工場、葬儀場、受付、ホステスなどいろいろな職場や仕事を経て、29歳でたどり着いたのが芸能界。「壇蜜」の「壇」は仏壇を、「蜜」はお供え物を意味しているとか
日経ARIA

裏切り、病気、孤独、死別、離婚、失業――これからの人生、あらゆるピンチが襲ってきます。「逆転の一冊」が人生のピンチに陥ったときの局面を打開するきっかけになることがあります。取り上げるのは、壇蜜さんの虎の子の一冊です。恩人との別れを経験した後、壇蜜さんがエンバーミング(遺体衛生保全)の仕事に就くきっかけを作ったのもこの一冊。「生きづらさ」を抱えていた壇蜜さんをどう導いてくれたのでしょうか。

「私、ムダに生きているな」と思っていた日々

―― グラビアアイドルとして29歳で遅咲きのデビューを果たした壇蜜さん。芸能界にデビューするまでには、どんな道のりを歩んできたのでしょうか。

壇蜜さん(以下、敬称略) 高校生のころは「私、ムダに生きてるな」と思っていました。なんで生きてるのか分からなかった。

小学校くらいのころから全然学校になじめなくて。小学校からエスカレーター式の女子校だったんですけど、とても厳しい学校でした。高校時代はとにかく言われたことをちゃんとやらないと、いろんなものが奪われていくような感じで。「自由は大人になってからでも得られる」「女子高生の今が一番いいときではないんだ」って自分に言い聞かせて、ルールは守って暮らしていました。自由を主張してもいいことないなって。

ちょうど「女子高生」を売りにしたビジネスが話題になっていたころ。「今しかないよ!」ってせっついてくる子たちもいたんですけれども、そういう子たちがどんどん退学になったり不幸になったりするのを見てると、それは違うなっていう思いがありました。

そんな高校時代に出合ったのが『黒鷺死体宅配便』(大塚英志原作、山崎峰水作画/角川書店)でした。

―― 「遺体の声が聞こえる」という大学生を主人公にしたかなり際どいストーリーですよね。人生をどこか窮屈に生きていたといいますが、なぜこれが「逆転の一冊」なんでしょうか。

「自分が生きる世界とは違う世界」を見せてくれた

壇蜜 自分とは違う世界の話を知りたかったのかもしれないですね。当時は男子校の話やスポーツに専念する人たちの漫画とか、ファンタジー系の小説とか、現実と違う世界の本をよく読んでいました。

『黒鷺死体宅配便』は高校2年のときに本屋で見つけたんです。最初は、大学生たちが起業しているっていうのが新鮮で手に取ったんですよね。5人の主要な登場人物たちはいろいろな異能力を持っているんです。死体の声が聞こえたり、ハッキング、ダウジング(この本の中では死体の発見)、チャネリング(同・宇宙人との交信)ができたり、エンバーミング(同・死体の修復)ができたり。

『黒鷺死体宅配便』(大塚英志原作、山崎峰水作画/角川書店)。死体の声が聞ける主人公と、チャネリングやエンバーミングなど特殊な能力を持った若者たちが出会い、死体の望みを聞いて報酬と引き換えに、望みの場所に届ける会社を作るストーリー

この5人は、人と人との隙間を埋めていくような仕事をしていました。すごく大変だろうけど、面白いんだろうなと興味を持ったんです。物語に自分を投影して、自分なら何ができるかなって考えてみたとき、チャネリングやダウジングは無理だけど、エンバーミングだったらできるかもしれないっていう直感はありました。

漫画の中ではアメリカに留学してエンバーマー(遺体衛生保全士)の資格を取得しているんですけど、日本でも民間の資格として認められています。この漫画を読むにつれて、自分にはこの仕事ができそうな気がしちゃったんですよね。エンバーマーになることはこの頃からずっと頭の片隅にありましたが、親に言える雰囲気ではなかった。親は大学に行って普通に就職するのが当たり前だと思っていましたから。