岡田健史 日々考える芝居のこと、課題を見つけ成長

日経エンタテインメント!

「24時間365日、役者のことを常に考えている」。そんな強い意志をもって俳優業に臨むのは、今年5月12日に20歳の誕生日を迎えたばかりの岡田健史だ。芸能界入りは、2018年。同年10月期のドラマ『中学聖日記』では応募総数500人以上のオーディションで選出され、初の演技にしていきなり有村架純演じる主人公の相手役(黒岩晶)に抜てき。初々しくも懸命な芝居は瞬く間に注目を集めた。ドラマ放送直後の12月18日に公式インスタグラムを開設するとフォロワー数は1日で40万人を突破し、現在は約73万人にまで膨れ上がっている。今、最も注目を集める若手俳優の1人と言っても過言ではない。

1999年5月12日生まれ、福岡県出身。小・中・高と野球一筋で、高校は甲子園を目指す強豪校に特待生として入学し活躍。18年に芸能界入り、同年のドラマ『中学聖日記』(TBS)で、500人以上が応募したオーディションで合格を勝ち取り、俳優デビュー(写真:中川容邦)

「今日の取材に来る途中、自分の乗っていたバスの前に乗り遅れた女性がバッと飛び出してきて急停止したんです。運転手さんが『危ないですよ!』って怒るなか、車内では飛び出した人を見ようと立ち上がる人がいれば、無関心にスマホから目を離さない人もいる。そして、バスを止めた女性は何ごともなかったかのように乗ってきて。自分ならいたたまれなくて乗れないですけど(笑)、その女性にはバスを急停止させても乗らなきゃいけない事情があったのかもしれない。そんなことを考えていたら、世の中にはいろいろな人がいて、それぞれの人生があるんだなあって見えてきて。

僕にとっては日常のすべてがお芝居の勉強になるし、俳優としてまだまだな自分はいろいろな人を見ないといけない。他の仕事をしたことがないので何とも言えませんが、こんなにも自分の糧になるものが日常の中にある、俳優という職業の醍醐味を、改めて感じたんですよ」

「芝居のことは常に考えています。それは、単純に楽しいから(笑)。直接、現場で芝居をしなくても、例えば雑誌にモデルとして出演すれば、その時はスタイリストさんが服を選び、ヘアメイクさんがメイクを施してくれた上で、フォトグラファーさんがカメラというフィルターを通して岡田健史という俳優を表現してくれる。洋服やメイク1つで気分は変わるし、被写体である自分も新たな自分を発見できる。フォトグラファーさんに『笑って』と言われたときも、ただなんとなく笑うのではなく、いろいろな笑顔を見せたい。表現の幅を広げていく作業が楽しいんです」

とにかく、俳優業が楽しいと語る岡田だが、18歳までは野球一筋の少年だった。中学1年生の頃に、所属事務所からスカウトを受けるも、野球に専念するために、その誘いを断り続けていたという。

(写真:中川容邦)

「スカウトされた当時は芸能界に興味がなくて、選択肢としては全く考えていませんでした。というのも、この業界に入るまでは野球漬けの毎日で、両親には『大学で野球を続ける』と宣言していたくらいです。でも、高校3年生の夏に野球部を引退した後、演劇部の公演に誘われて、初めて演技をすることになって。その後、県大会にも出場したのですが、芝居が終わり、舞台上で審査員の方からの総評を聞いている時、今までに感じたことのない喜びといいますか、心の底から『芝居がしたい!』という気持ちが湧いてきたんです。どれだけの衝撃だったかを、なかなか言葉でうまく説明ができないんですけど。

ずっと続けてきた野球への愛情もあったので、1カ月間くらい野球を続けるか俳優にチャレンジするかで悩みましたが、今はむしろ新たに情熱を注げるものを発見できた喜びしかないです。なんで悩んでいたのかって思えるくらい、芝居にハマっていますね(笑)」

エンタメ!連載記事一覧