ジャストシステム創業夫妻が再挑戦「今が一番面白い」

大学時代に出会ってから二人三脚でやってきた浮川夫妻
大学時代に出会ってから二人三脚でやってきた浮川夫妻

1979年に創業し、画期的な日本語ワープロソフト「一太郎」を開発したジャストシステムの創業者夫婦、浮川和宣氏と初子氏。国内でのパソコン普及の一役を担ったが、米マイクロソフトとの激しいシェア競争で経営不振に陥り、2009年にキーエンスと資本業務提携し、高収益企業として再生した。浮川夫婦は同社を離れ、新たにソフト会社MetaMoJi(メタモジ、東京・港)を立ち上げた。70歳を迎えた和宣氏は「今が一番面白い」と話す。大学同期の初子氏と一緒に夢を追う。

「この5月に70歳になったけど、今が一番面白い。一般の会社のサラリーマンは60歳で定年になるが、体力はまだ十分にある年代。仕事を辞めるなんてもったいないよ」。メタモジ社長の浮川和宣氏が満面の笑みでこう話すと、隣に座る夫人で専務の初子氏は、「そりゃそうね」と相づちを打つ。

同級生で結婚、アイデアは夫、具現化は妻

「今の会社はジャストと比べると、従業員数も売り上げも10分の1ぐらいだけど、ちょうど全体が見渡せる規模。とても心地のいい環境で、仕事がしやすい」と初子氏は応じる。「時にはケンカもする」というが、これほど息のあった夫婦はいまどき珍しい。ともに苦難の道を歩み、同時に喜びも味わった。

浮川夫婦は20歳になる少し前に愛媛大学工学部の同期生として出会い、結婚。30歳の時、和宣氏は初子氏とともに起業。アイデアを生み出すのが和宣氏で、それをエンジニアとして具現化するのが初子氏の役割だった。

日本のIT史の中で浮川夫婦が演じた役割は大きい。世界のIT産業をけん引したのはIBMやマイクロソフト、アップルなど常に米国企業だった。米西海岸で登場したパソコンを一般の日本人が使いこなすには言語の壁があった。複雑な漢字かな交じり文で構成される日本語。素早くストレスなく、日本語変換することは至難の業だ。大手メーカーが次々日本語入力システムの開発に挑んだが、うまく進まない。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
疲れ目・かすみ 目の健康守る
次のページ
「研究者の受け皿を」、ipadに日本語入力