ナショジオ

旅・風景

ビッグウェーブと裏路地… 太陽の国ポルトガルの魅力

日経ナショナル ジオグラフィック社

2019/9/11

ポルトのサンベント駅に到着した乗客は、2万枚のアズレージョ・タイルで作られたパネルに出迎えられる。1900年代初期の作品で、歴史的な場面や農村風景が青と白のタイルで描かれている(PHOTOGRAPH BY REBECCA STUMPF)
色づけされたタイルは、ポルト土産に最適(PHOTOGRAPH BY ANNE FARRAR)
晴れた日の午後、露店やカフェが立ち並ぶポルトの海岸通りを散策する人々(PHOTOGRAPH BY ANNE FARRAR)
リスボンのレストラン「カサ・ポルトゲーサ・パステル・ド・バカラウ」は、ポルトガルの伝統料理を出す。写真は、タラとセーラ・ダ・エストレーラ・チーズを練って揚げたもの(PHOTOGRAPH BY ANNE FARRAR)
ポルトガルのアレンテージョ地方には、コルクガシの森やローマ時代の遺跡、ブドウ園、そしてワインの醸造所がある(PHOTOGRAPH BY FRANCESCO LASTRUCCI)
史ある石段を登ると、モンサラーシュ城の最上部に出る。ここから、城壁に囲まれた町とその外に広がるアレンテージョの農村風景が楽しめる(PHOTOGRAPH BY FRANCESCO LASTRUCCI)
アレンテージョの北にあるワイン醸造所「トレ・デ・パルマ」で、ワインの熟成状態を見るワイン専門家のデュアルテ・デ・デウスさん(PHOTOGRAPH BY FRANCESCO LASTRUCCI)
モンサラーシュ城が建つ丘のふもとのリゾート「サン・ロウレンソ・ドゥ・バーホカル」。敷地内には、樹齢200年以上のオリーブの木がある(PHOTOGRAPH BY ANNE FARRAR)
100年近い歴史を持つポルトの「マジェスティック・カフェ」。アールヌーボーの雰囲気に浸りながら、濃いコーヒーとエッグペストリーを味わおう(PHOTOGRAPH BY JENS SCHWARZ, LAIF, REDUX)
アレンテージョのホテル「サン・ロウレンソ・ドゥ・バーホカル」(PHOTOGRAPH BY ANNE FARRAR)
ポルトガルにあるビーチは全て、一般客が利用できる。写真は「マーティンハル・サグレス・ビーチ・ファミリー・リゾート」に隣接するマーティンハル・ビーチ(PHOTOGRAPH BY ANNE FARRAR)

「マーティンハル・サグレス・ビーチ・ファミリー・リゾート」の客室とヴィラは、家族客などあらゆる世代向け。「お話タイム」からサーフィンのレッスンまで、様々なアクティビティーがある(PHOTOGRAPH BY ANNE FARRAR)

(文 Anne Farrar、訳 ルーバー荒井ハンナ、日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2019年8月13日付記事を再構成]

ナショジオ 新着記事

ALL CHANNEL