旅行・レジャー

旅・風景(ナショジオ)

ビッグウェーブと裏路地… 太陽の国ポルトガルの魅力

日経ナショナル ジオグラフィック社

2019/9/11

ナショナルジオグラフィック日本版

日暮れ時に輝くポルトの町明かり。ポルトには、ドウロ川にかかる6本の橋と、ポートワインが詰まった無数の樽がある(PHOTOGRAPH BY STBAUS7, GETTY IMAGES)

サッカー日本代表のMF中島翔哉選手(FCポルト所属)の活躍でもおなじみのポルトガル。この国の魅力は、おいしいポートワインだけでない。ポルトガルに詳しい米ナショジオ、トラベラー誌のアン・ファラー氏が、この国の魅力を写真とともに語る。

◇  ◇  ◇

まばゆい午後の日差しに目を細めながら、私はリスボンから北へ向かって車を走らせていた。ハイウェイを降りてトンネルを抜けると、目的地が見えてきた。ポルトガル第二の都市、ポルトだ。歴史ある街並みに無数のタイル。青、黄、茶、緑が織りなす街のパノラマは、穏やかで目に優しく、ゆったりとした気分になる。時は10月、涼しい秋風が吹いていた。

車を降りて複雑に入り組んだ町の通りを歩いていると、風に乗って音楽が聞こえてきた。歩を進めると、通りの先で男が古いストリートオルガンを弾いていた。そばのテーブルで種をつつくニワトリは、まるで音楽に合わせて踊っているかのようだ。私は男のバスケットにユーロを投げ入れると、写真を撮ってその場を離れた。

ナザレの灯台のかなたに沈む太陽。岬の突端の灯台は、小さな要塞の上に建てられている(PHOTOGRAPH BY KRASNEVSKY, GETTY IMAGES, ISTOCK)

だが、それほど歩かないうちに、目の前に広がる風景に見とれて、何度も足を止めなければならなかった。しっくいの壁に建物が濃い影を作り、赤色の屋根がきらめく。洗濯ひもにかけられたシーツは、太陽の光を受けてまぶしいほどの白さだ。ここ1~2年ほど、私の周囲ではポルトガルに行ったばかり、またはこれから行くという人が急に増えた気がする。リスボンにアレンテージョ、ポルト、どの町もそれぞれの個性を持っているという。なぜポルトガルなのかと問うと、とても言葉では表現できない、とでもいうように、みんな決まってこう答える。「自分で行って、見てごらん」

■崖の上の灯台をめざして:ナザレ

行きの飛行機のなかで、隣に座った旅行客から、ナザレという町がポルトガル屈指のビーチタウンだと教えられた。ここの波は世界的に有名だそうだ。大波のシーズンは10月から5月まで。2017年11月には、ブラジル人サーファーのロドリゴ・コウシャがここで80フィート(約24メートル)の高波に乗り、世界記録を打ち立てた。

ポルトガル人と海の歴史は長い。15世紀初めから17世紀にかけて、ポルトガルの船乗りたちは波を制し、ヨーロッパの大航海時代を切り開いた。航海王子と呼ばれたポルトガルのエンリケ王子は、インドへの新しい航路を求めて航海者たちを海へ送り出し、後にアフリカからアラビア半島、南米、カリブ海にまで拡大した一大交易帝国の礎を築いた。船は星を頼りに航海し、灯台の明かりで岩を回避した。

古い要塞の上に建てられたナザレの灯台は、1903年から使用されている。ここからの眺めは最高だ。サーフィンの様子も最前列で楽しめる。岬の両側には、白い砂浜が広がる。私の横には、屈強な体つきのサーファーが数人、ビール片手に海を眺め、次の波乗りの計画を立てていた。涼しい秋風が吹いていたが、夏にはこの砂浜が人でいっぱいになるのだろう。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL