秋ドライブで肉を満喫 高速道がっつりスタミナグルメ連載 高速道路グルメ「スタミナ飯」編

ドライブで立ち寄りたい関東近郊のサービスエリアやパーキングエリアで食べられるおいしい肉を使ったスタミナメニューをピックアップした
ドライブで立ち寄りたい関東近郊のサービスエリアやパーキングエリアで食べられるおいしい肉を使ったスタミナメニューをピックアップした

敬老の日(16日)、秋分の日(23日)と3連休が2回ある9月。週末にドライブを計画している人も多いのでは? 長距離ドライブで大切なのは適度な休憩。サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)で一休みしたときに楽しみたい関東甲信越の高速道グルメを紹介する。今回取り上げるのは食欲の秋にふさわしい、おいしいお肉を使ったスタミナメニュー。地元の名物グルメや特産品を取り入れた料理を楽しみつつ、ドライブを満喫しよう。まずは東京へ向かう「上り」から。

東部湯の丸SA「山賊ニラだれ定食」

東部湯の丸SA「山賊ニラだれ定食」(850円)。提供時間24時間

長野県東御市にある上信越自動車道・東部湯の丸SA(上り)のフードコートでは、信州の郷土料理である「山賊焼き」にオリジナルのたれをかけた「山賊ニラだれ定食」が食べられる。

関越自動車道と長野自動車道を結ぶルート上にある東部湯の丸SAは、東京と新潟・富山・石川方面を行き来する一般車やトラックが数多く立ち寄る休憩スポットだ。天気に恵まれれば展望台から信州の山並みを一望できる。

この日はあいにくの曇り空だったが、展望台に登れば八ヶ岳連峰などを遠望できる

山賊「焼き」という呼び名だが、実際にはたれに漬け込んだ鶏もも肉に片栗粉をまぶして、まるごと油で揚げた料理だ。もともとは普通の山賊焼き定食を販売していたが、トラックドライバーにも満足してもらえるスタミナ料理として、3年前に自家製のニラだれを使った現在の形へリニューアルしたという。

鶏もも肉は生の状態で仕入れていて、フードコートの厨房で仕込みから調理している。食べやすいサイズにカットされた山賊焼きには、ニラがたくさん入ったしょうゆベースのたれがたっぷりとかけられている。

MONO TRENDY連載記事一覧