月1万円で家事をプロにお願い 時間節約、自分も磨く

日経ウーマン

1週間+αの作り置きが心の安定剤に

家族3人の1週間分の夕食を作り置きしてもらう。「3割は冷凍保存し、2週目以降、どうしても忙しいときに活用します。冷凍庫にあるだけで心の安定剤に」。

この日のメニューは、鶏肉と野菜のトマト煮、ナスの肉巻き、豚のしょうが焼き、キッシュ、豚汁など、全15品。「前回作ってもらって、子供に大好評だったカボチャのサラダをリクエスト。スコーンは、子供の補食用に、必ず作ってもらいます」。

アイデアを学んで家事の手際がアップ

akiさんオススメ!ダイソーで250円の蒸し器も愛用

「akiさん自身、子育て中の働くママ。経験で身に付けた料理のコツや時短のノウハウは、勉強になります。作業中もマメに話しかけて、いろいろなアドバイスをもらいます」

収納の見直しアドバイスを受け家が大好きに

過去2回は、台所と収納棚、玄関周りの収納アドバイスを3時間ずつ、追加で依頼。「特にキッチンは、本当に使いやすくなって、料理も皿洗いも楽しくなりました」。   

 

【ケース2】「月2回掃除を頼む」が1万円の価値がある理由

部屋の片づけで忙殺されていた休日午前中が「自分の時間」に

東京都内でひとり暮らしをする横田加奈子さんが、掃除代行を利用し始めたのは4年前。「平日は残業続き。たまった家事を片づけることで週末がつぶれてしまうのが嫌で、掃除を頼むことに」。

現在は、隔週で土曜日の午前中に利用。「プロに掃除してもらうことでベースが整うので、平日は簡単に片づけるだけで部屋をきれいに保てます。2時間で終わる程度にざっくりと、クローゼットの整理、床と水回りの掃除をお願いしています」。

横田加奈子さん(仮名・29歳) 人材広告・営業/シングル・ひとり暮らし/手取り年収 900万円/手取り月収 41万円

【使っているサービス】CaSy https://casy.co.jp

「要望に合わせて、掃除の場所も決定します」と語る間庭恵理子さん

1時間2190円~。当日3時間前までスマホで予約できる手軽さが人気の家事代行サービス。キッチンや風呂、トイレなどの水回りはもちろん、収納や片づけにも臨機応変に対処してくれる。