MONO TRENDY

乗物でGO

JAL初のエアバス機A350 こだわりのポイントは 連載 ヒコーキに恋して

2019/9/2

JAL初のエアバス機となるエアバス350の魅力にフリー女子アナの貞平さんが迫る

9月1日、日本航空(JAL)が羽田―福岡線で運航を始めた「エアバス350(A350-900)」。10月からは羽田―新千歳線、2020年2月には羽田―那覇線にも導入が予定されているA350は、JALとしては初めて採用したエアバス機としても注目されている。導入の経緯、そしてA350の特徴を知ろうと、飛行機が大好きな女子アナウンサー、貞平麻衣子さんがJALを訪ねた。

◇  ◇  ◇

テレビCMなどでご存じの方も多いかもしれませんね。いよいよJALの次世代を担う「エアバス350(A350)」が国内線に就航しました。A350は、導入からおよそ20年にわたって運用されてきた「ボーイング777(777)」に代わる、これからのJALを代表する機材です。

記念すべき節目を前に、ここだけの話を聞きたい! ということで、品川の天王洲アイルにあるJAL本社へお邪魔しました。実は私にとって、ここに来るのはなんと入社試験以来。まさか取材でこうして再訪できるとは、人生わからないものです。

JALの機内で提供されるオリジナルドリンク「スカイタイム」を飲みながら、今回、A350について話をうかがったのは、導入決定からプロジェクトに携わった日本航空経営企画本部経営戦略部機材グループの横田敦さん。ここまでの苦労、そしてA350の魅力について教えていただきましょう。

A350の魅力について横田さんに教えていただきました

■旅客機選びの重要ポイントは「燃費」

貞平 2013年の導入決定から、国内線での就航までおよそ6年。飛行機ファンとしては長かったなというイメージですが、横田さんとしてはどんな6年でしたか?

横田 あっという間の6年ですね。

貞平 あっという間でしたか。そもそもどういう経緯でA350を導入することになったのでしょうか。

横田 新型機の導入はタイミングが大事です。旅客機にも使用できる年数に限度があります。これは航空会社によっても異なるのですが、JALとしては15~20年程度を機材更新の目安としているため、今主軸となっているボーイング777に代わる次の飛行機を決めなくてはならなくなりました。このタイミングで導入できる新型機として、最終的にエアバス社のA350に決めました。

貞平 JALとしては、エアバス社の機材導入は今回初めてですよね。素人考えでは、これまでと同じボーイング社の新型機のほうがスムーズに行きそうな気がします。それがエアバス社に決定したというのは航空ファンにとっても驚きでした。決め手となったのは?

横田 安全性はもちろんのこと、多角的な面から時間をかけて検討したのですが、最大のポイントは経済性です。貞平さんもご存じかと思うのですが、旅客機は休むことがほとんどないのです。

貞平 1日6往復とかするんですよね。

横田 しかも、それを15~20年程度使うわけですから、旅客機を選ぶとき、燃費などは重要な要素になります。

貞平 確かに20年間ずっと飛び続けるわけですから、燃費の違いでトータルのコストも大きく違ってくるわけですね。

聞きたいことが多すぎて話が止まりませんでした

■「そこも選べるのか」 自由度の高さに驚き

貞平 初めてエアバスの旅客機を導入するにあたり、戸惑ったこととかありませんか?

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
アップル、4年半越し悲願 腕時計「常時点灯」の真意
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
花王が洗顔シートで王者を逆転 敵の弱点を徹底訴求
ALL CHANNEL