映画「蜜蜂と遠雷」 栄伝亜夜のピアノを弾いたのは…

国際ピアノコンクールを描いた石川慶監督の映画「蜜蜂と遠雷」が10月に公開される。原作は直木賞と本屋大賞を受賞した恩田陸氏の小説。演奏シーンをふんだんに盛り込んだ映画だが、実際は世界クラスのピアニストが弾いている。主要キャラクター、栄伝亜夜の演奏を担当した河村尚子氏に音楽と映画、コンクールについて聞いた。

受賞歴多数のピアニストが映画で演奏

映画ではコンクールで競う4人の演奏をプロのピアニスト4人がそれぞれ担当した。妻子持ちの社会人ピアニスト高島明石(役は松坂桃李氏)に福間洸太朗氏。日系ペルー人の母とフランス人の父を持つ設定のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン氏)には、日本人の父とハンガリー人の母を持つ金子三勇士氏。最年少の風間塵(鈴鹿央士氏)には藤田真央氏。そして栄伝亜夜(松岡茉優氏)にはドイツ在住の河村氏が選ばれた。俳優の演技と演奏家の音楽が一体となって登場人物の個性が浮き彫りになる。

――映画の演奏を担当した経緯は。

「恩田さんはクラシック音楽が大好きで、私のコンサートに来てくれた。機会を作り、コンクールについて私の経験談や思いを話した。『蜜蜂と遠雷』に出てくる曲を読者に知ってもらいたいとのことで、CD(2017年発売の『蜜蜂と遠雷』ピアノ全集、発売元:ソニー・ミュージックレーベルズ)に私の演奏するショパンの『バラード第1番』を入れてくれた。そして小説が映画化される際に栄伝亜夜の演奏を頼まれた」

映画「蜜蜂と遠雷」で主要キャラクター栄伝亜夜(役は松岡茉優)の演奏を担当したピアニスト河村尚子氏(提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

――プロのピアニストから見て「蜜蜂と遠雷」が描くコンクールの様子はどうか。

「一人ひとりの個性や心理がよく描かれている。恩田さんはピアノコンクールを何度も観察したので、どう運営されるかもリアルに描いている。才能のあるピアニスト4人に視点が絞られ、並みのピアニストの様子があまりうかがえないのは現実と異なる。実際はいろんなレベルのピアニストが出場するが、小説はムラのない視点だ」

映画には登場人物の個性に合ったピアニストが起用された。「あなたは風間塵そのものと石川監督に言われた」と藤田氏はヤマハ銀座ビル(東京・中央)で8月10日に開かれたレクチャーコンサートで語った。20歳の藤田氏は6月、チャイコフスキー国際コンクールで2位に輝いたばかり。故・中村紘子氏が最後に審査員を務めた浜松国際ピアノアカデミーコンクールで1位になった経歴もあり、亡き著名ピアニストに才能を見いだされた謎の少年・風間塵役の演奏に適任だ。一方、河村氏はスイスのクララ・ハスキル国際ピアノコンクール優勝、難関の独ミュンヘン国際コンクール2位をはじめ欧州で受賞歴多数。国内外のジュニアコンクールを制覇した「元天才少女」栄伝亜夜の演奏を担うにふさわしいといえる。

エンタメ!連載記事一覧