福士蒼汰「表情筋を使って」 まじめなウエーター役「Heaven?~ご苦楽レストラン~」

フレンチレストランのシェフドラン(上級ウエーター)役を演じる
フレンチレストランのシェフドラン(上級ウエーター)役を演じる
Paravi

TBSで毎週火曜夜10:00から放送中の石原さとみ主演ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」。1999年から2003年まで「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載された、佐々木倫子による漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」が原作で、「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子(石原)と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる、"至極のフレンチレストランコメディー"を展開している。

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でもスピンオフドラマが配信され注目を集めている本作。石原演じる仮名子を筆頭に個性的な従業員たちに振り回され気味なシェフドラン(上級ウエーター)・伊賀観を演じる福士蒼汰が、役作りや石原ら共演者の印象、撮影の苦労などを語ってくれた。

――福士さんが演じる伊賀観というキャラクターの人物像を教えてください。

「伊賀は感情を表に出したり、笑うのが下手というキャラなんですけど、優しい人かなと。何に対しても優しい目で見ていて、自分がちょっと引けば引いて幸せになるならそれでいいよっていう心構えを持った青年だなと思います」

「"諦観"というのがドラマで出てくるんですけど、期待することを諦めつつも、オーナーのように猪突(ちょとつ)猛進に突き進んでいる人に対してサポートできるというのが、僕にはできないのですごいなと尊敬しています」

――もし身近に仮名子さんのような方がいたらどう思いますか?

「漫画のキャラクターなのであまり仮名子さんのような方はいないと思うんですけど(笑)、もしいたら……あまり関わらないようにするかもしれないですね。あそこまでグイグイ来られるのはちょっと苦手です(笑)」

――そんな仮名子さんを演じる主演・石原さとみさんのご印象は?

「本当にまっすぐな方なので、ある意味オーナーという役にぴったりで、みんなで付いていこうと思える空気を感じる方だなと思います。すごくナチュラルなんですよね、かっこつけたりしないし」

「石原さんと仮名子さんは似ているなと思うところもあります。でも、オーナーは我が強すぎるんですけど、石原さんの場合は論理的にお話をされることが多いので、そういう意味で似ている部分も相反している部分もあるなと思います」

――現場の雰囲気はいかがですか?

「とてもいいと思います。みんなそろうシーンが多いので、すごく和気あいあいとした雰囲気になっています」

エンタメ!連載記事一覧