U22

「研究室」に行ってみた。

不気味でも生物の半分近くは寄生虫 生態系の要だった 神戸大学 群集生態学 佐藤拓哉(5)

2019/8/27

ナショナルジオグラフィック日本版
マレーゼトラップ。ネットなどの障害物に当たると上に飛ぶ性質を利用して、上部のビンに飛ぶ昆虫を誘導し、捕まえる
文筆家・川端裕人氏がナショナルジオグラフィック日本版サイトで連載中の「『研究室』に行ってみた」の転載を始めました。川端氏が最先端の研究室を訪れ、じっくりと研究内容を深掘りする人気コラムです。今回は、不気味なのに目が離せない寄生虫がテーマ。探究心が高まる夏休みシーズンにぴったりです。

◇  ◇  ◇

日本の紀伊半島の川で、渓流魚が1年間に得るエネルギーの6割を寄生虫ハリガネムシに行動操作されたカマドウマから得ていたという佐藤拓哉さんの研究は、世界的にも大いに評判になった。

というのも、ちょうど寄生虫が生態系にあたえる影響について注目されている最中だったからだ。

「僕が論文を出したのは2011年だったんですが、2008年に科学雑誌のネイチャーに、寄生虫が生態系の中でものすごいバイオマス、生物量を誇ってるっていう論文が出て、注目されました。前にも世界の既知種の半数近くが寄生虫である! という推定結果が出されて、寄生虫が生態系の中で大きな役割を果たしている可能性があるということ自体は言われていたんですが、はじめて量的にも大きな割合を占めることを示したんです。カリフォルニアの塩性湿地などで徹底的に生き物を集めて、その生き物に宿ってる寄生虫を徹底的に掘り起こして重さを計ったら、その湿地にやってくるすべての鳥を合わせたより重かった、と」

寄生虫は、宿主に宿るものだから、いくらなんでも「量」としては大したことないのではないかと思うのだが、とにかく徹底的にやってみたら、「鳥よりも重い」というバイオマスだったというのは衝撃である。それだけのものがいるのなら、生態系への影響は計り知れない。そこに、また別のアプローチで「どの程度の影響か」を明らかにしたのが佐藤さんだった。

佐藤拓哉さん

「2008年のネイチャー論文は、寄生虫を考慮した重さの分布(生態系ピラミッド)がどうなってるかっていうことを見ていたわけですが、次に大事なのは、寄生虫を入れた時に生態系の中でエネルギーがどんなふうに流れてるかっていうことです。そういうときに自分の研究を通して、エネルギーが森と川をまたいで寄生虫のおかげで回っていると示せたのはよかったですね。年間の6割になるようなものを流しているって量的に出せたので、海外でも結構インパクトがあって。そのあとに出た生態系寄生虫学(Ecosystem Parasitology)の教科書にも載っけてもらってるんですけど」

もちろん日本での反響も大きかった。学会などで発表すると、様々な情報が集まってくるようになった。

U22 新着記事

ALL CHANNEL