マネー研究所

人生を変えるマネーハック

なぜ投資・寄付するの 子どもに伝えたいお金の使い方 「子どもに金銭教育」をマネーハック(4)

2019/8/26

資本を提供することで、企業は発展するチャンスを得ます。投資のおかげで、かつてない新商品や、以前より高品質ながら割安な商品が世の中に誕生するのです。企業のイノベーションは投資によって生まれるといってよいでしょう。それは社会の豊かさにつながっていきます。

例えば、トヨタ自動車のプリウス、任天堂の家庭用ゲーム機、ユニクロの衣料品、米アップルのiPhoneなどは、社会が便利になったり楽しく豊かになったりするきっかけを作りました。

その結果がそれぞれの会社の業績向上、株価の上昇であり、最終的には投資家へのリターンとなっていきます。私たちは投資を通じて、経済や社会の成長の果実の一部を受け取るのです。

投資は世の中の成長、発展に寄与する取り組みであり、そこに私たちのお金を回すことができる、という仕組みはとても優れています。仮に人類が宇宙に飛び出したとしても、こうした仕組みは残っていくのではないでしょうか。

デイトレーダーによる投資アプローチが投資のすべてであるかのように誤解する子どもは多いかもしれません。しかし、それは投資の一面にすぎません。

もちろん投機的に株式などを売買する方法もあります。しかしそれは実態の経済成長を待たないお金の増やし方です。そして極めて高いリスクを負うことでもあります。

投資を考えることは、実は「お金の使い方にはいろいろある」という現実を教えるきっかけになるかもしれません。

■寄付を教える、手元に残らぬお金が誰かの幸せに

もう一つのテーマ「寄付」も、お金の使い方として学びたいものです。投資と寄付はどちらも世の中をよくするきっかけになり得ますが、寄付をしたお金はあなたの元には戻ってくることはありません。

寄付を学ぶ最初のステップは小銭を募金箱に入れることでしょう。まずは募金箱にお金を入れるとき、その活動の趣旨や狙いについて話してみましょう。自分たちが恵まれた環境にあることへの感謝と、サポートを必要としている人たちへの思いやりの心を育むことが1歩目です。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL