グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食の達人コラム

黒・赤・ピンク BBQを確実に盛り上げる色々な塩 魅惑のソルトワールド(32)

2019/8/23

おいしく食べるには適切な調理も重要だ

さて、どんなにおいしい食材や調味料を用意したとしても、なによりも重要なのは、どのように調理するかということである。焼くにしても、生焼けだったり焦がしてしまったりしては、おいしさも楽しさも半減してしまう。そして、BBQだからといって、ただ焼くだけではもったいない。おいしい焼き方や、塩を活用した焼かないBBQレシピをご紹介しよう。

<おいしい焼き方>

●焼き台の中の炭の量は均一にしない

炭を置く量を調整して、強火ゾーン、中火ゾーン、弱火ゾーンに分けて作っておく。強火ゾーンで表面を焼いて肉汁の流出を防いでから、中火ゾーン・弱火ゾーンを活用して中までじっくり火を通す

●焼き始めるのはおき火になってから

炭が火をあげて燃えている状態では、表面だけが焦げて上手に焼くことができない。炭が火を蓄えている状態になってから焼き始める

●下味に使う塩は、薄く、焼く直前に

肉に塩をして長い時間置いておくと、脱水してうまみが逃げてしまう上、身が締まってしまって硬くなるので、下味をつける場合は薄めに、焼く直前にふる

<おすすめの「焼かないBBQ」レシピ>

●トマトとアボカドのサラダ

アボカドの皮と種をむき、一口大に切る。トマトはヘタを取り同じく一口大に切る。乾燥バジル、オリーブオイル、好みの塩を加えてあえたらできあがり。パンにのせてもOK。

●キュウリとミョウガの大葉あえ

キュウリとミョウガは斜めに薄切りにする。大葉はたたいて香りを出したあと細切りにする。好みの塩、ごま油を加えて全体を混ぜたらできあがり。

●ネギ塩タレ

小口切りにしたネギに、お好みの塩、ごま油、みじん切りにしたニンニク、粗びきブラックペッパー、レモン果汁、煎り白ゴマを適量混ぜたらできあがり。

いつものBBQに、適切な調理とおいしい塩を加えれば、さらに楽しくおいしい時間になること間違いなし。これからBBQに行く人はぜひ試してみてほしい。

(一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会代表理事 青山志穂)


グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL