powered by 大人のレストランガイド

黒・赤・ピンク BBQを確実に盛り上げる色々な塩魅惑のソルトワールド(32)

米国と日本のBBQには違いがある
米国と日本のBBQには違いがある

野外で大勢でワイワイと集まりたい時、まっさきに思い浮かぶのが「バーベキュー(BBQ)」ではないだろうか。大型連休が来ると、インターネットで「BBQ」が検索される頻度が高くなるという。

「BBQ」の語源には諸説あるが、もともとは「肉をあぶる木製の台」を意味するハイチ語だという。16世紀に入植したスペイン人により調理法を表す言葉と勘違いされ、スペイン語で「丸焼き」を意味する「Barbacoa(バルバコア)」に転化し、大航海時代に英語圏に伝わった際に、「グリルで焼いた肉」を表現する言葉として解釈され、英語で「Barbecue」となった。その後、特に米国で一つの食文化と言えるほど広がる中で、略されて「BBQ」となり、そのまま日本に伝わったと言われている。

「BBQ」の本場はやはり米国だ。興味深いのは、本場米国と、日本のBBQの様式の違いである。日本では韓国式の焼き肉がすでに広まっていたためか、鍋料理のように調理しながらみんなで食べるという文化があったからか、肉や野菜を焼きながら同時進行で食べることが多い。肉も、焼き肉に適した薄切りの肉が使用されることがほとんどで、焼きあがった肉や野菜をタレにつけて食べる。しかし本場米国では、塊のままの肉にしっかり下味をつけて、焼く以外にもスモークしたり、ローストしたりと様々な調理法を駆使しながら、先に調理をすべて済ませて、盛り付けまで終えてからみんなで一斉に食べるというのがBBQの基本のスタイルだそうだ。

この辺りは、BBQを「みんなで調理して食べること」と捉えるか、「ホストによるゲストを楽しませるおもてなし」と捉えるかの違いなのかもしれない。共通しているのは、「みんなで楽しみたい」という思いだ。今回は日本式のBBQの場をさらに盛り上げてくれる塩遣いについてご紹介したい。

また、最近話題なのが「焼かないBBQ」。BBQ場に到着したあと、材料を運び、炭をおこし、調理してという工程を経るが、意外と時間のかかり、あっという間に1時間はたってしまう。喉も渇くしおなかも空くし、楽しみにしていた気持ちが少し萎えてしまったりもする。そんな時にぱっとつまめるフィンガーフードなどのいわゆる前菜があれば、楽しく準備ができる。そんな料理が、火の準備が整っていなくてもできる「焼かないBBQ」なのである。この「焼かないBBQ」でも塩が場を盛り上げるのに役立ってくれる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド