落語らしさって何だ!? 異業種とのコラボが生んだ疑問立川吉笑

イラストはイメージ=PIXTA
イラストはイメージ=PIXTA

東京五輪・パラリンピックが「日本らしさ」を考えるきっかけになっているのか、伝統芸能に対する注目が高まっている気がする。僕みたいな若手にも、これまであまり落語に接点がなかったであろうジャンルの方々から仕事のオファーが寄せられてくる。

クライアントが一般企業の場合、少し距離のある落語と自社のサービスや製品を掛け合わせてみようとの狙いはよくわかる。ギャップ、つまりは良い違和感を生み出せれば新鮮に映るし、伝統芸能だから日本らしさもアピールしやすい。そんなクライアントと同時多発的に打ち合わせを進めていたら、改めて自分の中に1つの問いが生まれた。「落語ってなんだろう?」

先方が求めているのは十中八九「落語らしさ」だ。突き詰めれば、必ずしも「立川吉笑」が求められているわけではなく「落語家」が求められている。先方の企画会議の段階で「吉笑さんにぜひとも出演していただきたいからオファーしてみよう」という流れは考えづらい。「落語とコラボできたら新鮮かもね」「じゃあ落語家さんを探してみよう」「立川吉笑さんという方が見つかりました」という感じで呼んでいただいていると容易に想像できる。つまり、大きくアイコンとしての落語を求める中で、たまたま僕の存在が目に留まって声をかけていただいたことになる。

となると、自分としては当然「落語らしさ」を提供すべきなんだけど、改めて考えるとそれは結構、曖昧なものだ。

落語家らしくない僕

落語家と言うと、着物姿で「するってぇとなにかい?」みたいに粋な江戸弁を操り、お世辞がうまく、シャレが利いてる陽気な人、みたいなイメージがあるかもしれないけど、実際の僕は全然違う。着物姿ではあるけど、粋な江戸弁というよりは、いわゆる標準語に近い言葉遣いをするし、お世辞もそこまで得意じゃない。シャレはあまり利かせられないし、目に見えて陽気でもない。全然ダメじゃん(笑)。

普段着の僕と接して、落語家と見抜ける人はまずいないと思う。落語家と名乗っているから落語家として存在できているだけで、自分が落語家である資質など、思えば何もないんじゃないか。もしかしたら、第三者から見たら僕にも少なからず落語家らしい要素があるのかもしれないけど、少なくとも自分では落語家と名乗って落語をやっていること以外、自分に落語家らしさを見いだせない。

それこそ落語を一席やれたら、落語家としての自分を表現することはできるけど、コラボ企画の大半はPRに関連した企画で、総じて与えられる時間が短い。3分とか、長くて5分とか。その時間で伝えたいことを効果的に伝え、落語らしさも出すのは至難の業だ。

エンタメ!連載記事一覧