WOMAN SMART

マネー

老後の安心は2000万円+家 30~40代独身の選択 知って得するお金のギモン

日経ウーマン

2019/8/21

老後資金で問題となる住居費。賃貸では不安?(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマン

金融庁の審議会報告書に端を発した「老後資金2000万円問題」。将来が不安になった人もいるのでは?

報告書にある「老後資金は2000万円必要」の根拠は、2017年に総務省が実施した家計調査による、夫65歳以上、妻60歳以上の高齢夫婦無職世帯の1カ月の平均収支です。「毎月約5万円の赤字」という調査結果を基に、95歳まで生きると仮定すると、65歳からの30年間で不足額は2000万円近くに上ります。

データは平均値ですから、必要な老後資金は人によってさまざま。それでも年金生活を想像する上での「目安」になります。

さて、今回注目したいのは「老後の住居費」。同調査の住居費は、月平均1万3656円。少なくてびっくりですね!

この住居費とは、家賃やマンションの管理費・修繕積立金などの平均値。住宅ローンの返済額は、不動産という資産を得るための借入金と見なされるので、住居費には含まれません。ですから、約1万4000円の住居費は、65歳以降も住宅ローンの返済が残る人や賃貸住まいの人に、ピタリとは当てはまらないのです。そのため、「毎月の収支赤字約5万円」に加えて、月約1万4000円を超える分のローン返済額や家賃支出を見込む必要があります。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
成功体験を何回積んでも「自己肯定感」が低い人の心
日経ARIA
女子バレー中田久美監督 ロス五輪は「屈辱の銅」だ
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
ALL CHANNEL