powered by 大人のレストランガイド

米国ではありえない? ハンバーグ、日本独自の進化

米国ではBBQでハンバーガーパティを焼くのが日常風景
米国ではBBQでハンバーガーパティを焼くのが日常風景

日本人の好きな食べもののランキングで上位に入るであろうハンバーグ。欧米にルーツがあると思っている人は多いと思うが、実は米国にはハンバーグが存在しない。ハンバーガーはよく食べるが、ハンバーグを単体で食べることはないのだという。

私がそれを知るキッカケとなったのはある夏の日のこと。天気がいいので庭でBBQをしようということになった。私が「じゃあ、焼き肉用のお肉と野菜を買ってくればいいかしら?」と夫に聞くと、彼はこう答えた。

「は? BBQといえばハンバーグを焼くに決まってるだろ!」

えっ、そうなの? 私はちょっと驚いた。それまで私が参加したBBQではスライスされた肉や野菜を炭火で焼いて焼き肉のタレなどで食べることが多かった。しかし、米国に長年住んでいた夫によれば、BBQといったらハンバーガーパティを焼き、バンズにはさんで食べるのがキマリなのだという。

「じゃ、ひき肉を買って、タマネギをみじん切りにして、パン粉を牛乳にひたしたものとかを用意しておけばいいかな?」。ハンバーグの基本的なレシピを頭に思い浮かべながら再び尋ねた。

「は? そんなもの要らないよ。牛ひき肉に塩・コショウで味付けして、1つにまとめて焼くだけだから」

大人も子どもも大好きハンバーグ

えっ! そうなの? この日2度めの驚きである。家庭科の授業や料理番組ではハンバーグといえば、タマネギやパン粉のほか卵や小麦粉など、いわゆる「つなぎ」を入れるものだと教わってきた。

この日の2つの驚きについて、米国食肉輸出連合会(USMEF)の土方多寿子さんに確認してみた。

「米国のBBQではハンバーガーパティを焼きハンバーガーを食することも多いです。パティは牛肉100%がほとんど。シーズニングは加えますが、つなぎを使わないのが一般的です」

よくよく思い出してみると、米国発の有名ハンバーガーチェーンのテレビCMでも「ビーフ100%」とうたっていたっけ。日本の家庭ではハンバーグは牛と豚の「合いびき肉」で作られることが多い。だから私は、「ビーフ100%」というのは使うひき肉の中での割合が牛肉が100、豚肉がゼロなのだと解釈していた。が、これは豚肉はもちろん、野菜もつなぎも一切使わずに牛肉だけで作るという意味だったのか、と初めて気づいた。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド