三吉彩花 タンブラーに味噌汁の女子高生時代

「例えばオフィスのシーンは、最後に書類をぶちまけて紙吹雪の中で踊るんです。それまでにいろんな社員を巻き込んで、最終的に総勢40人で踊るので、タイミングが難しくて。何度もやり直して、そのカットがようやくOKになっても、今度はアングルを変えてもう1回撮らなきゃいけない。そのたびに散らばった紙をかき集めて撮り直していたので大変。監督も私も、みんなで紙を拾ってました(笑)。

大変だったオフィスのシーン (C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

あと大変だったのは、レストランのシーン。事前にスタジオで振り付けを覚えて現場に行っても、テーブルが思いのほか長かったり高かったりして。それに合わせて臨機応変に振り付けを変えなきゃいけなかったんです。さらにテーブルクロス引き(皿やグラスを落とさずテーブルクロスを引き抜く芸)、シャンデリアにぶら下がっての空中ブランコ、ポールダンスと、いろんな要素があったので、レストランのシーンだけで撮影に4日かかりました」

また劇中で印象的なのが、催眠術にかかるシーンだ。演技とはいえ、本当にかかりそうになったことはないのだろうか。

「かかってみたい気持ちはあるんですけど、私は絶対、かからないと思うんですよ。今回、やしろ優さん演じる千絵が、催眠術にかかってタマネギをまるごと食べるシーンがあって。そのままかじると辛いので、催眠術師の先生に、本当に催眠術をかけてもらって撮影したんですよ。『たまねぎがリンゴに見えてくる。甘くなる~、甘くなる~』って(笑)。それで『おいしい!』と言って食べるやしろさんを見ても、私はまだ半信半疑。そういう人は、あまりかからないらしいです。かかりたいという気持ちが強くないと。

このお仕事を始めて15年くらいたちますが、この作品をやり遂げたことで、ようやく自分のスタートラインに立てた気がします。今後、女優としてこういう役を演じてみたいとか、モデルとしてもっと海外に出て行きたいとか、欲も出てきました。日本からもっとミュージカル映画を発信していきたいという目標もできました。だからもし、自分が催眠術にかかるとしたら、英語かな。英語がペラペラになる催眠術をかけてほしいです(笑)」

催眠術にかかったらやってみたいことは?「お化け屋敷に入ること。私、ホラー映画が好きなんですけど、お化け屋敷はダメなんですよ(笑)」

夜中の4時半に買いに行ったダイソンの掃除機

プライベートでは「断捨離」にハマっているという。

「服や靴、バッグ……お仕事の関係もあって、家にモノが多いんですよ。でもリビングにはテレビとテーブルとソファぐらいで、なるべくモノを置きたくない。それで寝室のベッドの周りがモノだらけになって、狭くて窮屈だったので、この1~2年使ってないモノは、人にあげたり捨てたりしようと。断捨離してモノがなくなると、心もめっちゃスッキリしますね。

もともと私、必要なものしか買わないし、持ち物も少なくしたいんですよ。だからバッグには、お財布とリップと香水と、タンブラーにお味噌汁が入ってる程度(笑)。バッグにいっぱいモノを入れている人を見ると、『絶対、使ってないものが半分くらいあるでしょ?』と思うんですよね。性格ですか? よく『男っぽい』って言われます。というか、完全に男だと思う(笑)。

最近買って良かったものは、ダイソンのコードレス掃除機。ドン・キホーテで、夜中の4時半に買ったんですよ(笑)。帰省して久しぶりに帰ってきたときに、掃除機が壊れてるのを思い出して、『やばい!掃除できない!』となって。『そうだ、ドンキなら24時間やってるな』と。それでドンキに行って、『どうせ買うなら、ずっと使えるものがいい』と考えてダイソンにしたんですけど、店を出るとき、複雑な気持ちになりましたね。何で私は夜中の4時半に、ドンキで掃除機買ってるんだろう、と(笑)」

「私のストレス解消は、人に会うこと。いろんな職業の人で集まってご飯を食べながら『今はこういうものがはやってるよね』とか、『こういうものを作っていきたいよね』とかディスカッションをすることがストレス解消になってます」
三吉彩花
1996年生まれ、埼玉県出身。雑誌「Seventeen」の専属モデルを経て、「25ans」「ELLE Japon」などのモデルとして活躍。女優としては「告白」(10年)、「グッモーエビアン!」(12年)、「旅立ちの島唄~十五の春~」(13年)、「いぬやしき」(18年)などの映画に出演し、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞などを受賞。2020年秋には主演映画「Daughters(ドーターズ)」が公開予定

ダンスウィズミー

「ダンスウィズミー」。8月16日(金)全国ロードショー。(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

一流企業で働く「勝ち組OL」の鈴木静香は、ある日、怪しい催眠術師・マーチン上田の催眠術にかかってしまう。それは音楽が聞こえると所構わず歌い踊ってしまう「カラダが勝手にミュージカル」の術だった。そのせいで仕事も恋もままならなくなった静香は、失踪したマーチン上田を探す旅に出る……。監督+原作+脚本・矢口史靖 出演・三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明 8月16日全国ロードショー

(文 泊貴洋、写真 藤本和史)

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧