powered by 大人のレストランガイド

ホルモンと世界のワイン、出合い楽しむ焼肉店

「ホルマージュ」を提案する「焼肉MARUGO」
「ホルマージュ」を提案する「焼肉MARUGO」

日本人が大好きな焼き肉。合わせる酒はビールかハイボール、マッコリが定番だが、年々日本での消費量が増え、人気も安定してきたワインを薦める焼肉店が増えている。しかし、肉とワインの相性の良さはすでに知られており、目新しさはさほどない。そこで、今回はさらに一歩踏み込んだユニークな提案をしている、都内の焼肉店2店を紹介する。

1軒目は2018年11月、丸の内の「東京会舘ビル」を含めた3棟のビルのリノベーションでできた、「丸の内二重橋スクエア」に入る「焼肉MARUGO(マルゴ)」だ。マルゴグループはビストロやイタリアン、「ジャズとワイン」「蕎麦とワイン」をコンセプトにしたバーなど、ワインを軸にした店を20店舗以上展開している。焼肉店は今回が初だ。

「焼肉屋さんがなんとなくワインも出している」のと異なり、ワイン在庫は約500本、スタッフもワインの知識が豊富で、フランス・イタリアから新世界ワインの米国・オーストラリア・チリまで、世界中のワインをグラスとボトルで提供する。

「焼肉MARUGO」のホルモンとワインのペアリングは丸の内のビジネスパーソンに好評

「サシの入ったカルビにはリッチなアルゼンチン産のシャルドネ」「赤身のカメノコ(モモの中心部)にはフレッシュでフルーティーなフランス産のピノ・ノワール(赤ワインの高級品種)」といったように、肉の部位や脂身の具合によって最適なワインを提案してくれる。

同店の客はビジネスパーソンが中心。「銘柄や産地などに詳しくはないが、ワインは好き」な人が大半で、マリアージュのアドバイスは好評だ。さらに同店がユニークなのは、ホルモンでワインを飲む「ホルマージュ」なる新しいキーワードを打ち出していることだ。

ホルモンとは牛や豚のロース、サーロイン、バラ、モモなどのメイン部位を取った後に残る、肉の副生物のこと。マルゴの経営会社のエリアマネージャー、中島大輔氏は、「レバー(肝臓)やハツ(心臓)、ミノ(牛の第1の胃)のような内臓を一般的にホルモンというが、当店では焼き肉で最初に食べるタン(舌)もホルモンとして、『ホルマージュ』の楽しみを提供しています」と話す。

ホルモンは部位ごとに脂の乗り方や食感に特徴があり、自分の好みのものが見つかるとクセになる。定番の「タン」(900円、税込み)をはじめ、「豚れば~」(650円、同)、「豚はつ」(600円、同)、「のどがしら(軟骨のような喉の部位)」(650円、同)、「シマチョウ(牛の大腸)」(750円、同)など10種類以上をそろえ、ワインとのホルマージュを提案している。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド