石原さとみ「自分に飽きたくない」 コメディーで主役「Heaven?~ご苦楽レストラン~」

Paravi

TBSで毎週火曜夜10:00から放送中のドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」。1999年から2003年まで「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載された、佐々木倫子による漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」が原作で、「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる、"至極のフレンチレストランコメディー"を展開している。

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でもスピンオフドラマが配信され注目を集めている本作。主人公・仮名子を演じる石原さとみが、役作りや共演者の印象、撮影期間中に幸せを感じる瞬間などを語ってくれた。

――約2カ月ほど撮影をしてきて、現場はいかがでしょうか?

「楽しく撮影をしているのですが、どういう部分で仮名子という役の幅を見せればいいのかというのを考えながらやっています。撮影した後に編集でいろんなことをしてくださってこの作品が出来上がっている気がするというか。1話を見て、こういう感じになるんだなということが分かった感じです」

「どこまでやっていいのか探ってきた1カ月半だったので、自分たちが想像していたより攻めていいんだということが分かってよかったです。気が付けば1カ月半、ずっと笑っていますね。共演者同士でずっとしゃべっています」

――原作を実写でやる楽しさはどういうところに感じますか?

「原作の仮名子はものすごく魅力的なのですが、今回はカトラリーをガンガンやって『まだか!』とやったりするガサツな子にはしたくないということを言われて、漫画をそのまま実写化するのとは違う部分があって、食べる時はとにかく綺麗に食べてほしいということと、マナーをしっかりしていてほしいということは言われました。ちょっとした優しさとユーモアと断言する力強さと、とにかく生命力みたいなものを大事にと言われたし自分でもそう思うので、そこを大事にしながら演じています」

――仮名子は自分らしさ全開キャラですが、石原さんが思うご自身の"自分らしさ"とはなんでしょうか?

「私は自分に飽きたくなくて、変わりたいと思っているのでそういう欲ですかね。自分に飽きないための欲は強いと思います。楽屋でご飯を炊く時も『一度炊いたのと同じレシピは作らない』とか『ちょっと変えてみよう』『お米自体変えてみよう』とかいろいろ挑戦しています」

「生命力みたいなものを大事にしながら演じています」

「精神的な面も、『こういう自分が好きじゃないからこういうふうになりたい』とか『この時にこう言ってしまって後悔したから次はこういう言葉をかけてみよう』『このメイク飽きたから、このメイクにしてみよう』とか。友情は財産だから一生変わらないと思うんですけど、人以外の変化というものはすごく求めているものである気がします」

――メイクや衣装などはアイデアを出されたりしているんでしょうか?

「はい。原作を読んだら、仮名子はすごい服と髪型をしているんです。10年以上前の作品なので、『あ、この時のトレンドは確かにそうだったな』と思うんですけど、『今の時代でやるならどうするかな』と思って提案しました。まずみんながスーツとかを着ている中で原色を使いたいなという話をしました。なじんじゃいけないと思うので、はっきりとした色で黒は少し控えめにしながら、来た瞬間に、『来た!』ってわかるような色づかいにしようという話をしました」

「あと、食べるシーンがあるので顔は出したいと思っていて、髪をずっと伸ばしていたので、『このスタイリングのまま綺麗に食べられるからこうしよう』とか。これまでにやっていなくてやりたかったメイクとか衣装、髪型で、パンチのあるものにしたいというのをお伝えしました」

――撮影中、体力づくりで心がけていることはありますか?

「最近は楽屋でごはんを炊いています。炊飯器で出来るレシピを色々検索して、玄米や黒米などを使ったり、ダシで炊いてみたり。今日の献立を考えるのが楽しいですね。今日はバスマティライスを炊いて、スパイスを入れて食べたんですけどそれがものすごくおいしくて、『おいしい……!』って感じた瞬間は『うまくできた!』ってすごい幸せになります」

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧