利益確定・勉強法… 億万投資家が初心者の悩みを解決2019年個人投資家調査(5)

日経マネー

(イラスト:ハヤシナオユキ)
(イラスト:ハヤシナオユキ)
日経マネー

日経マネーが毎年実施している「個人投資家調査」。今年は1万2630人の個人投資家から回答を得た。回答者から寄せられた投資の悩みは4300件余り。その中から投資歴1年未満の初心者と同10年以上のベテランの悩みを抽出して回答数の多いものを調べた。初心者とベテランとでは悩んでいることが違うはずだと考えたからだ。

想定通り、2つのグループで悩みは大きく異なっていた。初心者では、「勉強の仕方が分からない」「投資の資金が足りない」「株について話せる相手がいない」「株価が気になって仕方がない」の4つが上位に。いずれも経験が浅いうちに直面することが多い内容だ。

一方、ベテランでは、「利益確定が早過ぎてしまう」「損切りがうまくできない」「時間が十分に取れない」「他の投資家の成績が気になる」の4つが多かった。利益確定のタイミングや損切りは、上級者でも苦慮することが多いポイントだ。4番目の「他の投資家の成績が気になる」は、ブログやツイッターで成績を明かす人が増えた今の時代ならではの悩みと言えるだろう。

ここでは、初心者の「勉強の仕方が分からない」とベテランの「利益確定が早過ぎてしまう」という悩みに対する、それぞれ2人の億万投資家によるアドバイスを紹介する。その内容に目を通し、自身の投資の改善点を探してみよう。