月に水、宝石に宿る虫の化石…自然と宇宙、神秘10選

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

2019年上期にナショジオ・ニュースでよく読まれた人気記事ベスト10を発表します。帰省中や旅先の会話のネタに、お仕事という方は気分転換に、微生物から宇宙まで、森羅万象に潜む驚きをお届けます。まずは第1位!

【1位】北磁極の位置が急激に移動 原因不明、ナビにも影響

北磁極はこれまでも移動してきたが、最近そのスピードが急に上がってきている。原因は不明だ(PHOTOGRAPH BY NASA/JSC)

北の磁極がその位置をどんどんと移しています。地球上で磁力線が鉛直になる場所を磁極といい、北側にあるものが「北の磁極」で、方位磁針が指すのがこれです。いわゆる北極点(真北)とは違います。

実は、この磁極は常に移動していることがわかっていますが、20世紀には1年で11キロ程度だった移動が、今世紀は年に55キロも移動するようになりました。高緯度でなければ、ナビへの影響は心配するほどではないいいますが、それでも心配になります。

【記事「北磁極の位置が急激に移動 原因不明、ナビにも影響」を読む】

【2位】オパールに閉じ込められた虫の化石 常識覆す発見

インドネシアのジャワ島で見つかった珍しい化石。オパール片の中に、はるか昔の昆虫が閉じこめられているように見える(PHOTOGRAPH BY BRIAN BERGER)

1位に続いて、このニュースも不思議なお話です。虫の化石と言えば、思い出すのが樹脂の化石、琥珀です。映画「ジュラシック・パーク」は、琥珀に閉じ込められた蚊から、恐竜の血を取り出して復活させましたよね。今回見つかった虫の化石は、なんとオパールに閉じ込められていたいのです。いったい、どうすると虫がオパールになるのか? 生成過程に関心が集まり第2位となりました。

【記事「オパールに閉じ込められた虫の化石 常識覆す発見」を読む】

【3位】ブラックホールの初撮影 わかったことと新たな謎

地上の電波望遠鏡をつないだ地球サイズの巨大望遠鏡「イベント・ホライズン・テレスコープ(ELT)」が、おとめ座銀河団の大質量銀河M87の中心にある超大質量ブラックホールとブラックホールシャドウの画像撮影に史上初めて成功した(PHOTOGRAPH BY EVENT HORIZON TELESCOPE COLLABORATION)

全世界の天文学者が協力して成し遂げた「ブラックホール」の初撮影。その存在が、初めて目に見える画像としてとらえられました。「月面に置いたオレンジを撮影するようなもの」と例えられるほど撮影は難しく、まさに快挙。今回の撮影でわかったことは、今後登場する映画やSF小説にも反映されるのでしょうね。

【記事「ブラックホールの初撮影 わかったことと新たな謎」を読む】

【4位】月の地表7センチ下に大量の水 NASA探査機が発見

4位、5位も宇宙でした。今年は人類が月面に降り立って50年。自然と宇宙に目を向けているのかもしれません。アポロ11号が着陸したのは「静かの海」ですが、月の海には水がないことは、ご存知のとおり。ところが、最新の調査で月の地表7センチ下に大量の水があることが分かったのです!

【記事「月の地表7センチ下に大量の水 NASA探査機が発見」を読む】

【5位】地球外生命、存在は確実 地上と宇宙の探査最前線

「ナショナル ジオグラフィック日本版 2019年3月号」の特集からのダイジェストが、第5位に入りました。地球外生命探しも、宇宙探査の先端分野の一つです。「いるのか、いないのか」ではなく、どの星にいるのかを探し求めるのが、探査の最前線です。太陽系外惑星からの、命の信号を、最新探査技術はどのように拾い集めるのか、遠い系外惑星に生命がいることは何が分かれば証明できるのか、疑問は尽きませんが、とてもロマンチックです。

【記事「地球外生命、存在は確実 地上と宇宙の探査最前線」を読む】

「ネコは自分の名前を知っている」「一酸化二水素を禁止したらどうなる?」……6位以下の記事も、皆さんの好奇心をくすぐるものばかり。ぜひご一読ください。金曜日は、第2弾の人気動画ベスト10をお届けします!

【6位】あなた誰? 電子顕微鏡で撮った不思議な生物の肖像

ミールワームの顔。「目」のようなものと口器がついている(HOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

【7位】世界が一酸化二水素を禁止したら… 物理・化学の迷信

【8位】ネコは自分の名前を知っている 上智大の研究で確認

【9位】北朝鮮で寝台列車の旅 車窓巡る手つかずの自然と農村

青々とした風景を横切り羅先に向かう列車(PHOTOGRAPH BY DAVIDE MONTELEONE, NATIONAL GEOGRAPHIC)

【10位】エジプト4400年前の墓、手つかずで発見 装飾鮮やか

墓のくぼみに彫られた神官ワフティーと家族の像(PHOTOGRAPH BY AMR NABIL, AP)

(日経ナショナル ジオグラフィック社)

ナショジオメルマガ